パソコンでの肩こりをキーボードで緩和!予防法とおすすめ品のご紹介

パソコンでの長時間の作業は肩が疲れますよね(-_-;)

パソコンでの肩こりは目の疲れともいわれますが、
実はキーボードが原因になっていることもあるのです!

長時間のパソコン作業でも肩こりしないために私が行った対策や、
おすすめのキーボードについて詳しくご紹介していきます(*^^)v

スポンサードリンク

パソコンでの肩こりをキーボードで緩和!予防法まとめ

パソコンでの入力時間が長いと必ずと言っていいほどなるのが肩こり。

普段仕事でキーボード入力を良くしているという方は特に、
肩こりに悩む方も多いと思います。

私も毎日肩こりに悩む一人でした…(-_-;)

が、いろいろと試した結果、格段に肩こりが減り、
パソコン作業中も肩がつらいということが少なくなりました!

自分なりに調べて実践したキーボードでの肩こり予防方法をご紹介しますね(*^^)v

キーボードの角度が重要だった!

パソコンのキーボードには、
足がついていて軽く角度がつけられるようになっているものが多いですよね!

私は角度を出すことで手首が疲れないような気がしていたので、
いつもキーボードの足をあげて角度をつけていました。

ですが、実はこれが間違いの一つだったんです(*_*)

実はあの角度は、パソコンからキーボードに視線を落とした時に
キーを見やすくするためにつけられているもの。

ブラインドタッチができる人は足をあげる必要がないそうです!

むしろ足を出して角度を付ける事で手首に負担がかかり、
肩こりにもつながってしまうそうです…(-_-;)

ある程度ブラインドタッチができる人は、
キーボードの足をたたんで使用するのがよいでしょう!

キーボードは体の少しだけ右寄りに置く!

けっこう、キーボードを体の正面において使っている方が多いと思うんです。
でも、キーボードは右側に数字キーがついているので
本当は体の少しだけ右寄りに置くのがベスト。

キーボードの「B」がおへその真正面に来るように意識します。

これを実践しただけで、左右差がなくなって
私はだいぶ肩こりが解消されましたよ(^^)/

キーボードを2台使いする!!

これは結構びっくりな方法ですが(笑)

キーボードを2台同時に使うことで肩をすぼませる必要がなく、
結果的に肩こりが予防できるんです(*^^)v

我が家には使っていないキーボードがあったので実践してみましたが、
効果は絶大!でもテーブルが狭いため普段使いは難しかったです(^^;)

スポンサードリンク

キーボードのおすすめで肩こりに良かったもの!

エルゴノミクスキーボードはご存知ですか?
人間科学に基づいて体にフィットするようデザインされたキーボードです。

そのエルゴノミクスから発売されている、
エルゴノミクスキーボードスライダー。

テーブルの下に取り付けることで、
キーボードとマウスの操作が身体に近い位置で行えます。

低い位置でキーボードを操作することによって、
肩があがらず、肩に負担がかからないため、肩こりを予防できるのです!

角度が無段階に調節できるので自分の使いやすい位置に調整できます♪

使わないときはスライドさせて収納できちゃうので場所も取らず、
かなりおすすめですので是非試してみてください(*^^)v

まとめ

いかがでしたか?

ちょっとした工夫で、キーボードでの肩こりを予防することができます!
角度や位置の調整はすぐに実践できると思いますので、
ぜひ試してみてくださいね(^^♪

パソコンでの肩こりは、キーボード以外にも沢山の原因があります。
他の原因については別記事でご紹介していきますね(^^)/

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ