0歳~1歳にオススメの絵本 我が家で人気だった絵本もご紹介

まだ字が読めない・お話しが理解出来ない赤ちゃんでも、
絵本は、新しい発見やママとの大切なコミュニケーションを取る時間をくれます。


これから絵本の読み聞かせを始めようと思っているママ!!
0歳~1歳の赤ちゃんにはいったいどんな絵本がオススメなのでしょうか?

私の体験談を踏まえてオススメの絵本を紹介します!!

スポンサードリンク



【こぐま社 作:三浦太郎 「くっついた」】


「くっついた」は、ゾウとゾウが、サルとサルが題名の通りくっつく絵本です。
沢山の動物達と、最後はママと赤ちゃんが、さらにパパまでくっつきます!

0歳~1歳の赤ちゃんが見やすいように工夫されていて、
絵本を読みながら、実際にママと赤ちゃんがくっついて遊べるので
親子のスキンシップが取れてオススメです!!


うちの子もこの絵本はお気に入りで、何度も何度も読んであげた1冊。
「ママもくっついた~!」と子供に抱き着くとキャッキャと笑って喜んでいました。

少し大きくなった今は、絵本の中の動物を指を指しながら
まだ言葉は話せませんが、一生懸命私に絵本を読んでくれています。

こぐま社 作:三浦太郎 「くっついた」


【ブロンズ新社 作:かがくいひろし 「だるまさんが」】

「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊もシリーズが
出版されている大人気の絵本。

誰もが知っている だるまさんが転んだ の遊びが取り入れられていますが、
素直に だるまさんが・・転んでくれないのがこの絵本の楽しい所。

‘泣く子も笑う!!’が売り文句なこの絵本、
うちの子も泣いてても本当に笑います!!!

私がこの絵本を読む時に、絵本と同じジェスチャーをして読んでいると
最近そのジェスチャーを真似するようになってきて、さらにこの絵本を
楽しめるようになりました。

上手に真似が出来て褒めてあげると、とっても嬉しそうにはにかみます。

ブロンズ新社 作:かがくいひろし 「だるまさんが」


【いっしょにあそぼ 作:柏原 晃夫 「あかあかくろくろ」】

0歳~1歳の赤ちゃんの目にも見えやすい「赤」「黒」「白」を
基調にした0歳~1歳の赤ちゃんの為の絵本。

作者の柏原 晃夫さんの絵がとっても可愛らしい1冊です!

最後のページは丸く繰り抜かれている部分があり、
赤ちゃんが指を通してみたり、ここに穴が開いてる!と興味を
そそる仕掛け絵本になっているのでオススメです。

これもうちの子は全シリーズ持っていますが、
本のページがボードブックになっているので、自分で本のページを
めくり易く何度も挑戦して、今では1ページづつ捲れるまでになりました。

ページを捲っては、絵を指さして「わんわん!」と言ったり、
「ニャーニャー!」と教えてくれるようになり、1歳を過ぎてからも
楽しく毎日読んでいます。

いっしょにあそぼ 作:柏原 晃夫 「あかあかくろくろ」

スポンサードリンク


【0歳~1歳にオススメ 我が家で人気だった絵本】


対象年齢が0歳~では無いのですが、我が家で大人気だった絵本を紹介します。


〈偕成社 作:エリック・カール 「はらぺこあおむし」〉


知っている方も多い大人気絵本「はらぺこあおむし」。
昔はサイズの大きい絵本のみの販売だったのですが、何年か前から
小さい赤ちゃん用にボードブックが販売されました。

うちの子はこのボードブックタイプの絵本を持っているのですが、
0歳の時から読み始め、1歳の今は必ず1番最初に読んで!と持って来る絵本です。

中がいくつもの仕掛けが沢山で、読み始めた頃はキョトンとした顔でしたが
じっと私の膝に座って絵本が終わるまで必ず最後まで聞いていました。

1日に何度も何度も、読み終わると”もう一回!!”の繰り返しで
色もカラフルなので楽しめるようです。

今は沢山の食べ物がのっている土曜日のページがお気に入りで、
言葉になっていないお喋りで1時間以上そのページで遊んでいました。


0歳~1歳の赤ちゃんに読み聞かせするなら、
サイズの小さいボードブックタイプがオススメです!

偕成社 作:エリック・カール 「はらぺこあおむし」

おわりに


0歳~1歳の赤ちゃんにオススメの絵本を紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか?

どの絵本も本当にオススメです!!

あなたの赤ちゃんにお気に入りの絵本が出来るといいですね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ