紫外線の髪の毛への影響&対策とケア方法のオススメ!

女性にとって髪は命!と言いますが、
実は髪も紫外線の影響を受けているってご存知ですか?

今回は、紫外線が髪の毛に与える影響についてと、
紫外線の対策方法と、髪の毛のケア方法について、
ご紹介します!!

スポンサードリンク


紫外線が髪の毛に与える影響は?



紫外線が髪の毛に与える影響は、沢山あります。

紫外線に当たる為の乾燥や、髪の毛のコシがなくなり
強度が下がります。

強度が下がると、枝毛や切れ毛が出来たり、
抜け毛が増えてしまったりと、良いことはありません。

ほかにも、髪の表面のキューティクルにダメージが
入って髪の毛を触るとザラザラしたり、
ゴワゴワしたりと、粗雑化が目立ちます。

紫外線が髪の毛にあたると、紫外線は髪の毛の中に
吸収されて、髪の毛を作っているアミノ酸を酸化させて
しまいます。

髪の毛を作っているアミノ酸は、一度酸化してしまうと
元に戻る事は無いのでダメージが蓄積され、
綺麗な髪から粗悪な髪の毛に代わってしまいます。

また、髪の毛の色素が抜けてしまう事も分かっていて、
紫外線を多く浴びると、黒くて美しい髪が
染めている訳でもないのに紫外線によるダメージが
原因で茶色に色素が抜けてしまいます。

髪の毛を守るバリアが紫外線に当たる事で破壊される
ので、このような影響が出てしまうのです。

さらに、紫外線は髪の光沢や艶までも
奪ってしまいます。


1年中降り注ぐ紫外線ですが、
特に5月~9月が紫外線の量が多いです。

この季節って、暑いので海やプールなどに行く
機会も多いのではないでしょうか?

髪の毛が濡れた状態で紫外線に当たると
酸化するスピードが速くなるので
さらにダメージが蓄積されてしまいます。

紫外線が多く降り注ぐ季節はその分、
髪の毛に与える影響も大きくなるので、
しっかりと対策したいですね。

髪の毛の紫外線対策はどんな方法があるの?



紫外線対策と言えば、日焼け止めクリームを
思い浮かべますが、
日焼け止めクリームは肌用だし、髪の毛には塗れない
ですよね。

髪の毛には髪の毛用の紫外線対策グッズがあるので
それらを利用すると簡単に髪の毛の紫外線対策が
できます!

髪の毛にシューッとスプレーするタイプの
UVカット機能付ヘアスプレーが使いやすくて人気です。

中でも、資生堂が販売している
「デープロテクターUVスプレー」がオススメ。

私も毎年使ってるのですが、香りが優しく
キツクないので不快感がありませんし、

何より良かったのは、他の髪の毛用のUVスプレーは
粉っぽくなったり、時間が経つとカピカピに固まって
しまったりしましたが、このスプレーは
粉っぽくもカピカピにもならずに使用できる事。

サラサラでツヤツヤの髪をキープしてくれます。

それなのにお風呂でシャンプーすればちゃんと
取れてゴワゴワにならないのも魅力的です。

ウォータープルーフポリマーが配合されているので
湿気からも髪を守ってくれ、雨の日でも
広がりにくいですよ。


美容院で販売される事が多いのですが、
ネットからだととっても安く買えるので
ネットで買うのがオススメです!

スポンサードリンク


紫外線の髪の毛のケア方法は何?



紫外線を受けた髪の毛をケアするには、毎日のシャンプー
とトリートメントが大切です。

シャンプーは髪の毛の表面だけを洗ったり、全体を
洗えていなかったりしないようにきっちりと
頭皮まで洗います。

髪の毛の洗い方は、美容院で洗ってもらってる時の
ように、指の腹を使って、まんべんなく洗います。

シャンプーが終わったら、しっかりと水気を取りましょう。

タオルドライして、髪の毛を十分に拭き取った方が
トリートメントが水に弾かれずに奥まで浸透するので
このタオルドライは重要です!

タオルドライが出来たら、次はトリートメントを
髪の毛に優しく揉み込みます。

美容師さんに教えてもらったのですが、
トリートメントはしっかりと揉み込むと
浸透が良くなり、トリートメントの効果を
最大限に引き出す事だ出来るのだそうです。

トリートメントを揉み込んだら、蒸しタオルで
頭を包んで、髪のキューティクルを開き、
奥の芯の部分にまでトリートメントを
浸透させて、内側から水分を補給します。

こうすると、紫外線でダメージを受けた髪も
ツヤツヤでサラサラに☆

蒸しタオルを使用するひと手間で
びっくりするくらい効果が変わるので
紫外線ケアの一環として、実践してみてください。


おわりに


髪の毛の紫外線の影響って結構怖いですね。
髪の毛は顔と比べて5倍も紫外線を浴びてるので
しっかりと対策とケアをして、紫外線ダメージのない
綺麗な髪の毛を手に入れましょう!!


スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ