亀戸天神の屋台情報 初詣や藤まつり例大祭など年間のポイントまとめ

亀戸天神は学問の神様として有名ですね。

毎年様々な行事やお祭りを行いますが、
お祭りと言ったら、屋台を存分に楽しみたいっ!!

そこで今回は亀戸天神の一年の大きいイベントごとに
屋台の時間や種類などのポイントをご紹介します!

スポンサードリンク


亀戸天神屋台情報 初詣でのポイント


亀戸天神は大晦日からお正月にかけて、大変多くの人で賑わいますね(^^)/

屋台は大晦日の夕方ごろから屋台の準備が始まり、
年が明けた元旦の23時頃まで営業しているところがほとんどです。

2日からは朝の10時ごろから屋台の営業が始まり、
1月8日まで毎日屋台が出ていますよ(^^♪


大晦日から元旦は大変混雑してどの屋台の列なのかわからないほどに…。

2日からはある程度落ち着きますが、
三が日は屋台も混んでいると思ったほうが良いです。


屋台は100ほど出店されます!!(*_*)

王道メニューのほかに、
中華風おやき「シャーピン」や「鮎の塩焼き」「ケバブ」など
変わり種も多数揃っていて飽きないです(^^♪

寒いので、「モツ煮込み」「玉こんにゃく」「甘酒」などの
温かい系の屋台が人気となっていますね。


亀戸天神の屋台でも人気な鮎の塩焼きなんですが、
大混雑しているときは生焼けでせっかく買ったのに食べられない…。
なんてこともたま~にあるので気を付けてくださいね(;_;)


亀戸天神屋台情報 梅まつりでのポイント


2月中旬から3月中旬まで行われる亀戸天神の梅まつり。

実は1月8日までの初詣の屋台と切り替わって、
1月9日から梅まつりイベント終了まで屋台は出続けています。


ですが、気を付けてほしいポイントが!

ほとんどの屋台は、梅まつり期間は土日にしか営業しません(;_;)
平日は閉まっている屋台ばかりで寂しい印象…

梅まつり期間中に屋台を楽しむ場合は土日祝日を狙いましょう!

土日は11時~20時頃まで営業している屋台が多いです。


「金太郎飴」や「魔除け箸」を売る露店も出店されます。


亀戸天神屋台情報 藤まつりでのポイント


毎年4月下旬~5月上旬にかけて開催される藤まつり。

藤まつり期間になると屋台も活気づき、
平日でも正月に負けない数の屋台が並びます(*^^)v


平日は11時ごろから、土日祝日は10時ごろから屋台が準備されますよ。


亀戸天神の藤まつりでは、夜もライトアップされた藤を見ることができ、
それに合わせてか屋台も比較的遅くまで営業しています!


4月下旬からゴールデンウイークにかけてはとっても混雑するので、
ピーク時に足を運ぶ際はお昼時や夕方を避けると良いですね(^^♪


亀戸天神屋台情報 例大祭でのポイント


毎年8月に行われる例大祭では、お神輿やお囃子が出て町中が活気で溢れます。
昼間はお神輿が、夜は境内で1000個以上の提灯が灯り神秘的です。


もちろん、この夏まつりの際も屋台はたくさん出店されますよ(^^)/

やっぱり暑い季節ですのでかき氷やソフトクリームには長蛇の列ができます。
飲み物類もかなり並びますので、持参するべきかもしれません(^^;)


年に一度のお祭りですので屋台も混みますが、初詣ほどではないです。


お神輿が宮入する時間は皆そちらに注目しますので
比較的屋台はねらい目かもしれません。

スポンサードリンク


亀戸天神屋台情報 菊まつりでのポイント


10月の下旬~11月下旬まで開催される菊まつり。
こちらは約500鉢の見事な菊や、菊のタワーなどが飾られます。


菊まつり開催期間は屋台はあまり多くはありません。

七五三での参拝客も多いため境内には出店されず、
亀戸天神までの通りに数件並んでいる程度でしょうか(^^;)


菊まつり開催中は屋台に屋台は期待できませんが、
亀戸天神のすぐそばにある船橋屋本店もおすすめです(^^♪

定番のくず餅や、あんみつなどの甘味が店内で食べられますので、
屋台の代わりにそちらに寄ってみるのも良いと思います♪
【関連記事一覧】
亀戸天神梅まつり屋台情報&船橋屋ではコレ!錦糸町からのアクセス

亀戸天神藤まつりの屋台情報!ライトアップや混雑回避の時間帯も

湯島天神と亀戸天神のご利益は?学問の神様で東京の神社おすすめは?


まとめ


亀戸天神の一年間の大きな行事ごとに、
屋台の情報やポイントをご紹介しました(^^)/

亀戸天神の初詣や藤まつり、例大祭(夏まつり)ではとても多くの屋台が並びます!

最近は区の条例などで屋台が減ってきていると聞きます…
亀戸天神で、たくさんの屋台を楽しんでみてはいかがでしょうか(^^♪

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ