スーツズボンアイロンがけのコツ!折り目はどこまで?スプレーで簡単

職業柄スーツを毎日着ることのないご家庭では、
スーツのアイロンがけもなかなか行いませんよね~。

普段はクリーニングに出しているというご家庭でも、
急に結婚式などのイベントが続いてしまうと
毎回クリーニングに出すのはお金もかかるし時間かかるし…(‘_’)

そんな時には自宅でアイロンをかけてピシッと決めちゃいましょう♪

といってもなかなか難しいスーツのアイロンがけ。

今回はスーツのズボンのアイロンがけを失敗しないための
ポイントやコツをまとめてご紹介しますね(^^♪

スポンサードリンク


スーツのズボンのアイロンは折り目を意識して


まず、スーツのズボンをアイロンかけする際に意識しておきたい
ポイントをいくつかご紹介します。


折り目を意識する


スーツのズボンをアイロンがけするときに一番気を付けてほしいのが、
スーツの真ん中の折り目≪タック≫を意識してかけるということです!

これを失敗してしまうととっても不格好になってしまいます(>_<)
なのでここだけはきっちりおさえたいポイントです♪

他にも、股上のプリーツや小股の部分の折り目
しっかり意識してアイロンでプレスしてあげることでキレイに見えます。


必ずあて布をしてアイロンをかける


スーツにアイロンをかける際には必ずあて布をしてくださいね!

あて布をしないとスーツのてかりの原因になってしまいます。
スーツのテカりや安っぽさや野暮ったく見えてしまう原因になります(;_;)

あて布は綿100%のハンカチがあればそれで大丈夫ですのでご用意くださいね。


温度に注意 最初はスチーム、あとからカラ掛け


スーツの生地によって温度を変えます。

綿や麻なら180~200℃(高温)
ナイロンやアクリルなら110~130℃(低温)
ウールなら140~160℃(中温)が目安です。

アイロンにスチーム機能がついている場合は、
最初全体をスチームでかけ、そのあと折り目を蒸気なしのカラ掛けで
しっかりとプレスすることがポイントになります。

スチーム機能がない場合は最初に霧吹きやスプレーをたっぷりかけましょう。


ズボンのアイロンがけ 折り目はどこまで?詳しいかけ方


ズボンのお尻側の折り目をどこまでいれるか迷う方も多いですね。

お尻のあたりで曖昧にしてしまう方も多いようですが、
腰のベルトループのあたりまでしっかりと入れたほうが格好が良いです!

それでは詳しいアイロンのかけ方をご説明しますね♪


腰回りからヒップにかけて


かけやすいようにアイロン台に股部分をかぶせてかけていきましょう。

まずは股下部分、裏地からプレスしていきます。
股上のプリーツの折り目をしっかりプレスしてつけます。

裏返してヒップにもアイロンをかけます。

足、膝にかけて


片足ずつ、まずは縫い目に合わせて
押し付けずに軽くアイロンをかけて伸ばしていきます。

膝が盛り上がっているようなら裏返してアイロンをかけます。

裾に向かって一気に


裾が動かないように抑え、股下あたりまで一気にかけます。
ここで大まかな折り目を決めていきます。

裾は内側から丁寧にかけましょう。

折り目を付ける


ズボンの中央の折り目でキレイに折ります。
画像の折り目を合わせて中央の≪タック≫を作ると綺麗に仕上がります。

スーツ折り目-1

逆さに吊るして冷ます


アイロンをかけたズボンはすぐに折りたたまずに、
すそから吊るしてかけて熱を冷まします。

スポンサードリンク


ズボンのアイロンの折り目はスプレーでピシッと決めよう


スーツのズボンの折り目を長持ちさせたい方や
ピシッと決めたい!なんて時におすすめなスプレーをご紹介します。

その名も、>ピシッとライナー!

折り目を強力に持続させてくれる効果があり、
無くなってしまった折り目も復活すると大評判なこのスプレー。
スカートのプリーツなどにも使えるのでとてもおすすめです。

価格も700円前後とお求めやすい価格となっています。



さいごに


今回はスーツのズボンのアイロンのかけ方について
詳しくご紹介しました。

ポイントは「折り目」です。
中央のタックがきれいにかかればそれだけでかっこよく決まります♪

こんなにきっちりアイロンかけられないよ!なーんていう人は、
吊るしたズボンにスチームアイロンをかけると折り目が戻りやすくなるので
ぜひ一度お試しくださいね(^^)/

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ