湯島天神と亀戸天神のご利益は?学問の神様で東京の神社おすすめは?

学問の神様として都内で有名な湯島天神亀戸天神

どちらも合格祈願で人気のスポットですが、
どっちの神社に行った方がご利益があるのか…なんて悩みますよね。

でもちょっとまって!
東京都内には学問の神様で有名な神社がもう1か所あるんです!

そこで今回は湯島天神と亀戸天神について詳しくまとめ、
もう1か所の谷保天満宮についてもご紹介していきますね(^^)/

スポンサードリンク


湯島天神と亀戸天神のご利益は?学問の神様で東京の神社はコレ!江戸三大天神とは


都内にある学問の神様で有名な神社といえば
湯島天神と亀戸天神を思い浮かべる方が多いと思います。

ですが、都内にはもう一か所、国立市にある
谷保天満宮(やぼてんまんぐう)という神社が学業の神として有名なんです。

湯島天神、亀戸天神、谷保天満宮の三か所の神社をまとめて
「江戸三大天神」「関東三天神」と呼ぶそうです。


どの神社がおすすめ?


どの神社がご利益があるのかと
気になる方もいると思いますが
基本的にどの神社もご利益に変わりはあまりないようですね(^^;)

同じ天神さまを祭っている神社ですし、
どの神社も菅原道真にゆかりの深い神社であると言えますので
自宅からのアクセスなどで決めてしまってもよいと思います。

下記にそれぞれの神社に特徴を載せていますので
ぜひ参考にしてみてくださいね(^^)/


天神さまとは?


学問の神様として祭られている天神さまとは、
平安時代に高級官僚として活躍した菅原道真という人の事を指します。

菅原道真が「学問の神様」と呼ばれるようになったのは、
政治的に多く活躍したことと、
文学、歌人としての才能に溢れていたため。

学者の家系に生まれたことで、
幼少期から和歌や詩の作品を多く残しているそう。

そんな彼の功績が「学問の神様」と呼ばれる所以なのだそうです。


江戸三大天神とは?


先ほどの学問の神様である菅原道真。
その天神さまを祭る神社の中でも有名な3か所の神社をまとめて

「江戸三大天神」「関東三天神」と呼ばれているようです。

歴史の古さや参拝客の多さなどから選ばれていると言われています。

天神さまは梅の花を好んでいたという事から、
「江戸三大天神」のどの神社でも梅の木が植えられていて、
毎年梅まつりが有名な神社となっています。


湯島天神について


湯島天神は、日本全国の合格祈願神社人気ランキングで第3位
都内でも堂々の第1位に輝くとても人気な神社です。

人気であるという事はそれだけご利益があると思われて、
みなさん足を運んでいるのだろうと思われます。

また江戸時代から梅の名所として知られ、
毎年梅まつりが開催されると45万人もの参拝客が訪れるそうです。

湯島天神梅まつりの記事はこちらです。


東京メトロ千代田線 湯島駅から徒歩2分
都営地下鉄大江戸線 上野御徒町駅から徒歩5分
東京メトロ銀座線  上の広小路駅から徒歩5分

と、アクセスもよいのが人気の秘訣となっているようですね。


亀戸天神について


昔から多くの参拝者に親しまれている亀戸天神ですが、
毎年、湯島天神と肩を並べるほどの参拝客が訪れるそうです。

湯島天神での元旦の参拝客に圧倒され、
急きょ亀戸天神に参拝に行くという人たちが多いです。

こちらも毎年の梅まつりが有名で、
初春になるとたくさんの参拝客や梅見物客でにぎわいます。

JR総武線 亀戸駅北口から徒歩15分
JR総武線 錦糸町駅北口から徒歩15分

都バスに乗れば亀戸天神前で止まるので便利です。

スポンサードリンク

谷保天満宮について


こちらは東日本で最も古い天満宮で、
菅原道真ともゆかりの深い神社であることから有名になっています。

場所は東京都国立市谷保。
JR南武線 谷保駅から徒歩3分の場所にあります。

こちらも梅まつりは毎年人気となっており、
約350本もの梅林が植えられて毎年みごとな梅の花を咲かせます。

交通の便が良い場合にはぜひこちらの谷保天満宮へ
お参りに行かれると良いと思いますよ(^^♪
【関連記事一覧】
亀戸天神の屋台情報 初詣から例大祭、菊まつりまで年間のポイントまとめ

亀戸天神梅まつり屋台情報&船橋屋ではコレ!錦糸町からのアクセス

亀戸天神藤まつりの屋台情報!ライトアップや混雑回避の時間帯も

まとめ


いかがでしたか?
東京都内にある3か所の学問の神様のいる神社をご紹介しました。

お参りは場所よりも気持ちが大切だと私は思います。

「受験に合格しますように」と願うよりも、
「学業を頑張りますのでお力添えをお願いします」
という気持ちを込めて参拝すると良いと思いますよ(^^♪

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ