ひな祭りちらし寿司をひし形に簡単に作る方法&デコレーション!

ひな祭りは女の子のいる家庭では大きな行事のひとつですよね

ちらし寿司にケーキにお吸い物。

毎年のひな祭りメニューがマンネリ化しているな~。
なんて思ったりしませんか?

どれも華やかですが、今年はもう少し工夫して、
ちらし寿司を豪華にデコレーションしてみてはいかがでしょうか♪

今回は、ちらし寿司を牛乳パックでひし形に簡単に作るコツ
おすすめデコレーション、具材やその意味について
ご紹介していきますね♪


スポンサードリンク


ひな祭りのちらし寿司はひし形で 牛乳パックで簡単♪


ちらし寿司を作るとき、うちではいつも
すし太郎を使って上にエビやサーモン、いくらを乗せて
豪華”風”に見えるように手抜きしていました^^;

でもこの方法を知ってから、
子供がひな祭りのちらし寿司に大喜びなんですよ~!


ひし形ちらし寿司に使うのは、なんと牛乳パックなんです!

良く洗って干した牛乳パックを、5センチ幅くらいにカットします。
この時、底の部分は切り取ってくださいね~
それをいい感じに傾ければ、ひし形の型の完成です!


これにちらし寿司をつめていくのですが、
すし太郎などの混ぜるだけのちらし寿司をつめると
断面が見えてしまって少し見栄えが悪いんですよね…。

緑とピンクの色付きの酢飯を作って、3色の層を作れば
よりひし餅のように見えて可愛く仕上がるのでおすすめですよ^^

緑の酢飯にはほうれん草や青のりを混ぜて、
ピンクには桜でんぷや練り梅を使うと綺麗でおいしいです。


これを先ほどの牛乳パックで作った型に、
緑、白(普通の酢飯)ピンクの順につめていきます。

仕上げに錦糸卵やエビ、サーモンを飾って、
崩れないようにそっと型を外せば
簡単に可愛いひし形ちらし寿司が完成します♪


これはお子様も喜ぶと思いますし、
なにより簡単で手が込んでいる感じに見えるので(笑)
ぜひぜひおすすめなひなまつりレシピですよ~!!


ひな祭りのちらし寿司 デコレーションのおすすめは


せっかくかわいいひし形のちらし寿司なら、
上に乗せる具材もかわいらしくデコレーションしたいですよね♪

そこで、簡単でおすすめなひなまつりデコレーションを
いくつかご紹介しますね^^


サーモンで作るバラ



お刺身用のサーモンを薄くスライスしたものを、
端からくるくると巻いていくだけで可愛いお花が作れます。

お花の下にさやえんどうを2枚重ねると
葉っぱのように見えてさらに可愛くなります^^


にんじんやれんこんを型抜き


白だしで下ゆでしたにんじんやれんこんを、
お花の形のクッキー用の型でくりぬくだけ。

ちらし寿司の隣にそっと飾れば彩りも良く子供も喜びます。

スポンサードリンク



うずらの卵でお内裏様とお雛様



2センチ幅にカットしたきゅうりを土台にして、
上にうずらの卵を載せてピックでとめます。

薄く焼いた卵を土台のきゅうりの上に斜めに巻くと、
お着物を着ているように見えます。
最後に、黒ゴマや海苔で目をつければ完成です♪

意外と簡単なので、ぜひ試してみてくださいね。


ひな祭りでのちらし寿司の具材は?その理由


ちらし寿司に定番の具材は
エビ・れんこん・卵・えんどう・干しシイタケなど。
最近はいくらやサーモンなどのお刺身も人気なようです。

ちらし寿司はお祝いの席で食べるものですので、
豪華であるとともに、縁起の良い食材が使われるようです。


えびには、腰が曲がるまで健康に長生きする。
れんこんは、穴が開いていることから先の見通しがきく
豆には、マメに働くという意味が込められているそうです。


今年のひな祭りは、具材一つ一つの意味をかみしめながら
ちらし寿司を食べてみてくださいね♪


最後に


いかがでしたか?
ちょっとしたアイディアとお母さんの努力で、
ひな祭りのちらし寿司がもっと華やかになりますね♪

少し手をかけるだけで子供はとっても喜んでくれます。
今年のひな祭りにぜひ挑戦してみてくださいね^^

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ