洗濯機水抜き方法は?ちゃぷちゃぷ音なぜ?業者に依頼できるの?

洗濯機には、ホースや洗濯機内部に常に水が溜まっています。
これを処理せずに洗濯機を運んでしまうと、水が漏れ、
周囲が水浸しになってしまうことがあるので、
そうならないために洗濯機の水抜きが必要になります。

今回は洗濯機の水抜きのやり方と注意点
水抜きしたのにちゃぷちゃぷ音がするのはなぜ?
洗濯機の水抜きは引っ越し業者に依頼できるのか?


などをお伝えしますね。

スポンサードリンク


洗濯機水抜き方法と手順&注意点は?


手順は二つ、先の給水ホースの水抜きをし、
そのあと排水ホースの水抜きを行います。
この順番は守ってくださいね。

用意するものはタオル、水を捨てられるバケツなど。

①洗濯機の中を空にします。
②洗濯機の給水蛇口を完全に締め、電源を入れます。
③スタートボタンを押し、1分ほどで電源を切ります。
④給水ホースをはずし、タオルで水分をふき取ります。
 これで、給水ホースの水切りは完了です。
⑤もう一度電源を入れ、短い時間で脱水をかけます。
⑥脱水が完了したら、ふたを開けて内部の水をふき取ります。
 これで、排水ホースの水切りも完了です。

タテ型、ドラム式ともに方法は同じです。

意外と簡単ですが、一つ注意点があります。
それは、洗濯機を傾けて水を出そうとしないこと!です。
横倒れは故障の原因にもなりますので、やめましょう。
完全に水を出し切らなくても、漏れなければOKなのです。


水抜きしたのにちゃぷちゃぷ音がするのはなぜ?


水抜きを済ませても、少し傾けるとちゃぷちゃぷ音がする。
まだ水が抜けてないんじゃないか?と不安になりますが、
それは残っている水ではなく、流体バランサーの不凍液。
脱水する際にバランスを保つための液体です。
こちらは縦にして運べば漏れる心配もありません。
水抜きの工程が終わればほとんどの水は外に出ているので
心配する必要はないといえます。

スポンサードリンク

そもそも洗濯機の水抜きって必要なの?洗濯機の水抜きは引っ越し業者に依頼できるのか?



何度も引っ越しを経験しているのに
洗濯機の水抜きが必要なんて聞いたことない!という人もいます。
一体なぜなんでしょうか。
それは、引っ越し業者にお願いすると
業者の方で水抜きを済ませてくれる場合が多いためです。

業者によっては無料でやってくれる場合と
オプション料金がかかる場合があります。
なので引っ越し業者に洗濯機を運んでもらう場合は、
水抜きの必要があるのか事前に聞いてみるとよいですね。

自分で洗濯機を運ぶ場合やオプションを付けない場合は
きちんと水抜きをする必要があります。
万が一もれたら不安、と思う方の場合も、
手順は簡単ですので水抜きを済ませておきましょう。

おわりに

今回の情報はいかがでしたか?

洗濯機を動かす時に水抜きが大事なことがわかって頂けたと思います。

もし、洗濯機を動かさないといけなくなった場合に今回の情報がお役に立ちますように。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ