成人式メイクを自分で♪アイメイクやベースメイクのコツは?

一生に一度、人生の晴れ舞台となる成人式では
ヘアもメイクも気合を入れて、一番きれいな自分になりたいと思うもの。


プロにお任せするのもいいけど、普段からメイクをする女の子なら
誰よりも一番よくわかってる自分のお顔ですから、
自分でやったほうがきれいになれるに決まってる♪



そこで今回は、成人式や前撮りの際に
振り袖にぴったりな浮かないメイク術をご紹介します。

スポンサードリンク



成人式メイクを自分で♪アイメイクやベースメイクのコツは?


一大イベントだから気合を入れて、
濃く派手に…と思う人も多いはず。


でも本当は、ナチュラルメイクの方が振り袖に映えるんです!


肝心なのはまず元のお肌のケア。
素肌が荒れていてはせっかくのメイクもいまいち決まりませんね。


成人式や前撮りの前には、しっかりと保湿をして
お肌の調子を整えておきましょう。

・ベースメイクについて

振り袖姿には白い肌が映えますね♪
だからといって、首との差が出てしまうような明るさは不格好です。
自分の肌色に合った色のファンデーションで
薄くナチュラルに仕上げるのがポイントです。

・アイブロウについて
まゆ毛は太め、少し短めが振り袖によく合います。
細いまゆ毛は花魁のような印象になります。
ブラウン系の眉マスカラとパウダーアイブロウで仕上げると
ふんわりまゆ美人に。

・アイメイクについて

目元はしっかりとラインを入れ、はっきりとさせるのが◎
かといってやりすぎても浮いてしまうので難しいところ。
アイシャドウは振り袖の地の色に合わせると一体感が出ます。
ペンシルアイライナーでまつ毛の隙間を埋めるようにいれ、
リキッドアイライナーでまぶたのキワに薄くラインをいれます。
目頭を長めに、少し跳ね上げると今時ですよ!
マスカラはロングタイプを。ナチュラルなつけまつ毛もよいですね。

・チークについて
頬の中心に丸くはっきり入れてしまうと
七五三?ってくらいかなり幼い印象になってしまいます(笑)
チークはふんわりと、でもいつもより濃い目に。
ピンク系、オレンジ系と振り袖の色に合わせると良いです。

・リップについて
実はリップが一番重要なポイントです。
グロスやラメタイプのものは振り袖には合いません。
普段より色味が濃く、少しマット感のあるものがおすすめです。
マットすぎると老けて見える場合もあるので、
その時はリップクリームを少し重ねつけすると自然になります。
チークと同色系でまとめると一体感が出て良いですね。



スポンサードリンク


成人式の振り袖はポイントカラーを押さえるだけでぐっとおしゃれに!


振り袖を選ぶ際に、7さし色で帯などにいれたカラーや、
振り袖の柄の中で印象的なカラーをポイントカラーとして決めて、
アイラインの上にそのポイントカラーのラインを引くと
目元のおしゃれ感がアップします♪

髪飾りの色と合わせるのもよいですね!

みんなが集まる成人式こそ個性を出したいあなたにはこれ!


最近では、つけまつ毛のようにまつ毛に羽を付ける
羽まつげというものがあります。

成人式に人と差をつけて目立ちたい♪という人には
良いアイテムですよ。

羽まつげもポイントカラーで合わせるのがおすすめです!


おわりに


いかがでしたか?

せっかくの成人式に、振り袖に負けて顔が目立たない!
なんてことにならないように、
前もって練習しておくのもおすすめですよ。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ