夏バテの症状で吐き気がある時の食事はどうする?

暑い夏。悩むことといえば夏バテです。


夏バテは、昔は暑さによって引き起こされる体調不良でしたが、
最近では、クーラーを使って、外と室内の温度差が激しいことに
体がついていかなくなって、色んな症状を引き起こします。


今回は、夏バテの症状でも吐き気がある時の食事について紹介します。

スポンサードリンク


夏バテで食欲がなくなるのはどうして?


夏バテの時に食欲がなくなるのは、暑いからです。
暑さに体が耐え切れなくなって、食べたい気持ちがなくなっていきます。


それに、暑いと冷たい飲み物を飲んでしまいますね。
特に、ドリンク類はのどの通りがいいので、気づかないうちに
沢山飲んでしまうことがあります。


そうすると、お腹の中はいっぱいになって
食事をしても、すぐに満腹になったり、
今日は食べなくてもいいや~って、
食事を抜くことが多くなります。


そしてそれが、夏バテをひどくしてしまいます。


夏バテで吐き気があるのはどうして?


食欲がなくなった身体は、自分が知らないうちに
栄養を取れなくなっていって、だるさでたり、
めまいを起こすようになります。


栄養をきちんと取っていないと、免疫力も下がり
ちょっと暑い屋外にでると、軽い熱中症のようになり
頭がガンガンしてきます。


頭痛があることで、吐き気まで出てきてしまいます。
本当に悪循環ですね。


これは、私の夏バテの症状と同じなんです。


初めに食欲がなくなり、それでも外に出て草むしりなどをして
短時間なのに、頭がガンガン。
そして、そのまま具合が悪くなって、吐き気がしたり
酷い時は、本当に吐いてしまう。


吐いたり、吐き気があるから、食事もとれなくて
水分やアイスクリーム、ゼリーなどの冷たいものばかりになる。


だから、栄養が摂れない・・・。
こうなると、他にも身体の不調がでてきます。


そうならない為にも、吐き気があっても食事はとるようにしましょうね。

スポンサードリンク


吐き気があった時の食事は?何が食べやすい?


むかむかして、吐き気があると、
本当に何も食べたくないですね。


こういう場合は、少し冷やした物が食べやすいです。
でも、元気な時や、調子が戻ってきたら、温かい食べ物を
きちんと食べてくださいね。


おすすめの食事

『豚肉とほうれん草の冷しゃぶ』
豚肉とほうれん草をゆでて、常温に冷ましてポン酢で食べます。
冷水にとって冷たくしたくなりますが、胃をビックリさせないために
あんまり冷やさない方がいいです。


『ひつまぶし』
ごはんにうなぎのたれを混ぜ、味をつけて、その上に
少し細く切ったうなぎ、薄切りにして塩もみしたキュウリ、
大葉や三つ葉、ネギなどを載せたひつまぶしは
栄養価の高いうなぎにあっさりしたキュウリや薬味を載せると
あっさり食べられます。


『ぶっかけそうめん』
ゆでたそうめんの上に、オクラや納豆、長芋、種を取った梅干やネギ
かつお節をのせて、冷たいめんつゆをかけて食べます。


どうしても食べ物を受け付けない時は
グリーンスムージーだと、手軽に野菜や果物の
栄養を取ることができますよ。


おすすめは青梗菜とキウイとパイナップルのスムージーです。
青梗菜は胃の粘膜を守ります。
キウイやパイナップルは消化を助けてくれる酵素が多いです。


スムージーは常温で飲むようにしてくださいね。

まとめ


これ以上夏バテにならないように、

・栄養があり、消化吸収の良いものを食べる
・量は少なくても、色んな種類の食品を摂る
・ビタミン、ミネラルを十分摂取する

上記の事に注意してください。
吐き気があっても、食べられそうなら
ドリンク剤に頼るより、食事で栄養を摂ってくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ