r-1 ヨーグルトでインフルエンザ予防?赤ちゃん子どもへの注意点は?

数年前からインフルエンザに効果があると話題の明治プロピオヨーグルト「R-1」

真っ赤なパッケージの食べるヨーグルトやドリンク、ご家庭にお子さんがいるママさんなら一度は見たことがあるんじゃないかなぁ?と思います。

そんな我が家でも実は乾燥が始まる季節になると少しずつでも子どもに食べさせたり、飲ませたりしています。

効果があるかどうかは専門家ではないので判断ができませんが、乳酸菌パワーがインフルエンザ菌を防ぎますよ~うに!とささやかな祈りを込めての冬越しです。

さて、そのR-1ドリンク、その効果やいかに?子どもや赤ちゃんには効くの?などをお伝えしていきましょう。

スポンサードリンク


r-1 ヨーグルトでインフルエンザ予防効果あるの?


そもそもR-1ドリンクが注目を浴びたのはワイドショーだったような気がします。

ちょうど私も産後の里帰り中で、「おぉ~すごいなぁ~」とぼんやりテレビを眺めていたのを思い出します。

【佐賀県有田町というところで、R-1ヨーグルトを町内の小中学生に給食後1本、2010年から2011年3月まで毎日飲ませたところ、インフルエンザの発症率、欠席率が1割程度、学級閉鎖はゼロになった。】という番組内容でした。

過去の発症率と欠席率がわからないので比較はできませんが、佐賀県の平均や近隣の市、町に比べて1割というのはとても低い確率だったそうです。

そこでメディアがこぞってR-1ヨーグルトを取り上げ始めたのですが、実際のところ効果があるという方と効果がないという方と両方います。

賛否両論というところでしょうか。

R-1ヨーグルトを食べなくてもインフルエンザ予防対策を取れば十分、毎日食べてもインフルエンザにかかったなどという声も多いようですね。

一方で山形県舟形市でも感染者がゼロだったという報告もあり、効果が期待できるデータもあります。

では一体効果があるのか?ないのか?という質問に戻りますが、個人的な意見ですみません。きっと健康には良い乳酸菌なんだと思います。

R-1ドリンクには「1073R-1」という約4000種類の中から選ばれた乳酸菌が使われています。

この乳酸菌は体の中のウイルスに感染している細胞やがん細胞などを攻撃するNK細胞(ナチュラルキラー細胞)を活性化させる働きをしています。

つまり、免疫力がアップ!そして感染症にかかりくにくくなるということですね。

私の体験談ですが、子ども(現在4歳半の保育園児)が1歳前後からあげられる時は毎日、食べてくれなくても2~3日に1回はドリンクタイプを飲ませていました。

結果、必ず毎年保育園で流行期がくる中、1歳、2歳はかかりませんでしたが、3歳の冬にA型にかかりました。

う~ん、本人のその時の調子もあるだろうし、何とも言えないところですが、それ以外のRSウイルスやマイコプラズマ肺炎などにはかからなかったので、まずまず効果はあったのかな?という感じでした。


r-1 ヨーグルトを赤ちゃんや子どもへ与える際の注意点は?


赤ちゃんや子どもに与える場合にはまずアレルギーに気を付けなければいけませんね。

乳製品がダメな場合は与えず、他のインフルエンザ対策を取りましょう!

そうそう、糖分もしっかり入っていますから、虫歯にも注意ですよー。

それではまず食べたり飲んだりしても良いの?というところでは、明治が正式回答を載せていました♪

【プロビオヨーグルトR-1のように砂糖などで甘みをつけたヨーグルトは、3回のお食事が安定したお子様(1歳~1歳半頃)からおすすめいたします。

お食事に影響のないように、バランスをみながら量を加減してください。

なお、一般的な甘さをつけていないプレーンヨーグルトは、7~8ヵ月頃から始めていただけます。】

食べるのはOKのようですね!

そういえば我が子も1歳ちょっと前食べるタイプのR-1でデビューしていました。

口の周りも手もヨーグルトだらけになってしまい、飲むタイプに変えましたけど。

お子さんへの効果はやっぱり様々。長く続けてもかかったという方もお子さんも、周りで流行していてもR-1のおかげでかからなかったというお子さんも。

R-1ヨーグルトは万能薬ではないと理解した上で、予防接種や手洗いうがいなども怠ってはダメなのでしょうねぇ~。

スポンサードリンク


r-1 ヨーグルトとインフルエンザ予防接種と一緒で効果アップ!?


2013年にはインフルエンザ予防に関するセミナーでこんな話題も出ましたよ!

【R-1乳酸菌がインフルエンザワクチンの効果を高めたと考えられる】


これはどういう話かというと、実際に実験されたそうなのですが、インフルエンザワクチンの接種前3週間と摂取後の10週間に継続してR-1ドリンクを摂るとインフルエンザワクチンでできる抗体の量が高く、インフルエンザワクチンの効果を高めたということです。

これはママにはちょっと嬉しいお知らせですね♪

そこそこ高額な予防接種代を払って、だましながら病院に連れていき(それはうちだけかしら…)、痛い思いをさせつつ1回ないし2回の注射。その効果を高められるならこの上ありませ~ん。

ただし、手洗いうがいなど日ごろの予防対策を怠ると意味がないですからね。

予防対策+インフルエンザ予防接種+R-1。これで効果が…あるかな!?



最後に…


冬はクリスマスがあったり、お正月があったり、雪で遊んだり、子どもには楽しいシーズン。

元気に過ごさせてあげたいものですよね。

我が家では今冬もR-1ヨーグルトを摂りつつ、インフルエンザワクチンの接種、そして手洗いうがいに励んでみようと思います♪

さあ、結果はどうでしょうか~??

【インフルエンザ:人気関連記事】
インフルエンザ予防最新情報!ワクチン接種&水分補給やうがいについて

r-1ヨーグルトとヤクルト400の違いは?r-1ヨーグルトで虫歯になるのか、効果的な飲み方について
インフルエンザ予防の湿度と温度は?プラズマクラスター体験談!
子供のインフルエンザの熱が下がらないのはどうして?
インフルエンザの予防接種はいつから受けさせる?乳幼児への効果は?
インフルエンザ予防接種の必要性は?子供だけじゃダメ?
インフルエンザ予防接種のスケジュールはどうする?
インフルエンザ予防接種の料金は?東京の小児科はいくら?
インフルエンザ予防接種 子供の間隔は?効果を高めるポイント!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ