野球のユニフォームの脇の黄ばみを取る洗濯方法は?石鹸?順番は?

野球のユニフォームの汚れって気になりますよね。
白いユニフォームだったら特に・・・。


うちの姉も甥っ子のユニフォームの汚れに悩まされています。


小学生の時は、泥で汚れていたのが
中学生になると、ワキが黄ばんでくるとかで
「どうにかできないかな~」と泣きつかれてしまいました。


そこで、私が姉に教えた洗濯方法をシェアしたいと思います。
参考にどうぞ!

スポンサードリンク


脇が黄ばむのはどうして?


ワキが黄ばむのはどうしてだと思いますか?
それは、ワキに汗が集中する(アポクリン腺=ワキガ)のが原因だとも言われています。


中学生になると、どんどん体も成長していきますし
そういう心配も出てきますね。


でも、それだけではないんです。
ほとんどが、その汗に含まれる皮脂の汚れが、
洗濯してもユニフォームの繊維に残っていて
それが黄ばみの原因になっています。


だったら、皮脂汚れをきちんと落とせば
黄ばみを防げるんですね。


脇の黄ばみを防ぐ洗濯方法は?


まず、もう黄ばんだユニフォームを
真っ白にするのは難しいと思ってください。


うちでも色々やってみましたが、
白い服が黄ばんだものは、少し白くはなりますが
真っ白にすることは難しかったです。


でも、最初から気を付けておけば
黄ばみを防げますからね。


とにかく、汚れたままにしないで
なるべくすぐに洗濯をするようにしましょう。


まずは洗濯用の固形石鹸で洗う


中学生の男の子の汚れは、洗濯機でただ洗うだけでは
なかなか落とすことは難しいです。


そこで、洗濯用の固形石鹸を使います。
固形石鹸はケイ酸塩配合のものにしてくださいね。


ケイ酸塩は油汚れに強い成分です。
ワキの黄ばみの原因になる皮脂汚れを落とすにはもってこいです。


ユニフォームのワキの部分に、固形石鹸を塗り
お湯を少しつけて泡立てます。
泡立てながら揉み洗いをして、皮脂汚れを落としていきます。


これだけでも、軽めの汚れだったらキレイになります。
その後で、洗濯機で普通に洗濯します。

スポンサードリンク


固形石鹸も色々あるので、どれにしようか悩みますよね。
100円ショップの洗濯用固形石鹸でブルーの色をしたものなども
汚れ落ちがいいですよ。


うちでは、蛍光増白剤が入ったものや、除菌剤配合の物を
使ったりもしています。


それでも汚れが気になるならつけ置き


洗濯用固形石鹸で洗って、そのあと洗濯機で洗濯。
それでも、まだまだ汚れが気になる時は漂白します。


洗面器などに40℃~50℃のお湯を入れ
そこに酸素系漂白剤を溶かします。


そして、黄ばんだワキの部分を漬け込みます。
30分ほど漬け込んだら洗剤をすすぎます。


酸素系漂白剤は粉末の物を、直接擦りこむと
更に漂白効果は高くなります。


最後に


ユニフォームの汚れだけじゃなく
Tシャツや制服のカッターシャツもワキの黄ばみが気になりますね。
その場合も、やることは同じです。


まずは、ワキの部分を石けんで洗って、
それから漂白です。


この順番が逆になってる人がいますが
まずは汚れを取って、それでも落ちない場合に漂白するのが
漂白剤の効果を発揮できます。


今までの洗濯で、ワキの黄ばみが気になっている人は
この順番を間違えてなかったか確認してくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ