クッキー生地の冷凍方法!冷凍期間は?クッキーの保存方法もご紹介

クッキー生地の冷凍方法について気になりますよね。

バレンタインや贈り物で
クッキーを作る機会があるかと思います。


しかし、一度にたくさん作るのは大変。


ところが、生地を冷凍しておくことで、
たくさんのクッキーを作ることが可能なんです。


そこで今回は
クッキー生地の冷凍方法・冷凍保存期間、
クッキーの保存方法について紹介します。

スポンサードリンク



クッキー生地の冷凍方法について

クッキーは手軽に作ることが出来るので
作る機会も多いかと思います。

バレンタインやホワイトデー
クリスマスなどイベントの際には
大量に作る機会もありますよね。


しかし、1日で大量にクッキーを
作ろうと思うととても大変です。


しかも、学校やお仕事等あるかたは
帰宅後作るのは難しいですよね。


クッキー生地を作り、冷凍保存することで
形を整えて焼くだけなので
簡単に作ることができますよ。


また、生地を冷凍保存しておくことで
いつでも焼きたてのクッキーを
楽しむことも出来るのです。

お子さんのいる家庭では
おやつに焼き立てを食べることができるのは
いいのではないでしょうか。


また、急な来客の際も
焼きたてのクッキーで
おもてなしすることが出来ますね。

では保存方法についてご紹介しますね。



冷蔵保存方法

クッキー生地を形を整える直前まで作ります。

その後クッキー生地をラップで包み、
冷蔵庫へ保存します。


冷蔵保存は冷凍保存に比べ
日持ちはしません。


次の日などすぐ使用する場合には
冷蔵保存も可能なんですよ。


冷凍保存方法

冷蔵保存同様にクッキー生地を
形を整える直前まで作ります。


クッキー生地をラップで包みます。


その後冷凍用保存袋に入れ
冷凍させます。


ラップで包む際に、棒状にしておくと
解凍後包丁で切るだけで、焼くことが出来ます。

形を整えるのが面倒という方にはとてもオススメです。


クッキー生地の冷凍保存期間は?


冷蔵保存の場合

冷蔵保存の場合は3~4日程保存可能です。

クッキー生地に卵を使用している場合が多い為
長期保存が難しいのです。


冷蔵は湿気を伴う場合もあるので
早めに使い切る様にしましょう。


冷凍保存の場合

冷凍保存の場合は約1ヶ月程保存可能です。

冷凍庫は匂いが移りやすい為
必ず冷凍用保存袋に入れる様にしましょう。


形を整える際は、使用する前に冷蔵庫に移し
半解凍してから形を整えましょう!


また、棒状で冷凍保存した場合には
包丁で切れる柔らかさになったら
切りオーブンやトースターで焼きましょう。


完全に解凍されてない場合には
焼き時間をいつもより長めに焼くと良いです。

スポンサードリンク


クッキーの保存方法について

手作りクッキーは市販のクッキーとは違い
保存剤が含まれていないですよね。

そのため、市販のクッキーより
長期保存が出来ません。



クッキーは焼き菓子なので
焼いた時点で菌は死滅しています。

また、水分もほとんどない為
常温保存が可能です。


保存方法について

クッキーを焼いた後、
粗熱が取れるまで通気性の良い場所に
置いておきます。

この時ケーキクーラーなどに置いておくと
早く粗熱を取ることが出来ます。


粗熱が取れた後、タッパーや
ジップ付きの袋に入れ
しっかりと空気を抜き、直射日光の
当たらない場所に置きましょう。


また、乾燥材を入れておくと
なお良いです。

オススメはこちらの乾燥材です。


乾燥材を入れておくことで
湿気を防ぐことが出来ますよ。


まとめ

クッキー生地の冷凍方法に
ついて紹介させて頂きました。

生地を冷凍保存しておくことで
いつでも焼きたてのクッキーを
食べることが出来ます。

また、イベント等で大量生産したいという方も
参考にしてみて下さいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ