オリーブオイルの種類の違いとは?エクストラバージンの効果やオススメを紹介

オリーブオイルの種類の違いについて気になりますよね。


最近オリーブオイルが健康に良いということを
耳にすることが多いのではないでしょうか?

オリーブオイルは健康はもちろんのこと
美容やダイエットにも効果があるんです。

そこで今回はオリーブオイルの種類の違い、
エクストラバージンの効果、
エキストラバージンのオススメについて紹介させて頂きますね。

スポンサードリンク



オリーブオイルの種類の違いとは?


オリーブオイルって何?

オリーブオイルとはオリーブの果実から絞った植物油のことです。


植物油のほとんどが種子から搾った油の為、
工程上加熱、処理精製などが必要です。

なので植物本来の風味や機能性を失います。

しかし、オリーブオイルはオリーブの果実から
搾る為、精製工程を必要としない為
風味や機能性が自然な状態で備わっているのですよ。


日本で売られているオリーブオイルには
エクストラバージンオイルと
ピュアオイルと呼ばれる2種類あります。

エクストラバージンオイルとは?
エクストラバージンオイルとは
化学処理を一切行わずオリーブの実を絞っただけのオイルのことです。


香りや風味を損ないません。
また、栄養価も高く血液改善や
美容効果もあるのですよ。


ただ、オリーブの香りや風味が苦手な方には
不向きかもしれません。


用途は加熱しない料理に向いています。

加熱してしまうとオリーブの香りが飛んでしまうからです。

サラダやカルパッチョ、パンに付けて
食べることでオリーブ本来の風味を楽しめるのです。


ピュアオイルとは?
ピュアオイルとはオリーブオイルを精製し
バージンオイルをブレンドし
風味を調整したものです。

化学処理をされている分
エキストラバージンオイルより栄養価は少ないです。

また、精製されている分オリーブの風味が少ないのです。
そのため、オリーブが苦手な方には
ピュアオイルの方が向いていますね。


用途としては加熱した料理、加熱していない料理
どちらにも向いているかと思います。

オリーブの風味を楽しむのではなく
食材本来の香りを楽しみたい料理には
ピュアオイルの生食で使用することもあるのです。

スポンサードリンク


オリーブオイルのエクストラバージンの効果とは?


コレステロール値の低下

オリーブオイルには不飽和脂肪酸の1つであるオレイン酸が
コレステロール値を減らしてくれるのです。

またそれに伴い動脈硬化や心筋梗塞の予防となり
生活習慣病対策に良いとされています。


中性脂肪の予防

オリーブオイルには中性脂肪が
身体につきにくくする効果があります。

中性脂肪の原因となる脂っこいものを
食べる時に一緒に摂取すると
ダイエット効果が期待できるのです。

便秘効果

オリーブオイルに含まれているオレイン酸には
蝶を刺激し、排便を促してくれる効果があるんです。

オリーブオイルは様々な植物油のなかでは
小腸や大腸で吸収されにくい性質があるため
便と馴染むので柔らかくしてくれるのです。

美容効果

オリーブオイルにはアンチエイジング効果があるのです。

オリーブに含まれるビタミンA、E、ポリフェノールには
抗酸化作用が高く老化を防いでくれる効果があるのです。

老化の原因と言われる活性酸素という成分が体内を
錆びつかせることによりシワ、シミや乾燥肌を招いてしまうのです。

この活性酸素を抑えてくれる抗酸化作用のあるオリーブを
摂取することでアンチエイジングに繋がるのです。

食べ過ぎを予防してくれる

オリーブオイルを摂取することで
満腹感を早く感じることができるのです。

満腹感を感じることで
食べ過ぎを防いでくれますね。

また、少量でお腹いっぱいになります。

オリーブオイルのエキストラバージンのオススメ



スーパーなどでも簡単に入手できる
エキストラバージンオイルです!!

初めてエキストラバージンオイルを使用する方にはオススメです。

どこでも入手でき、値段もそこまで高くないからです。


私はそこまでオリーブのクセを感じないのでオススメです。


色々な種類があり迷うと思いますが、
まずはこちらから使用してみてはいかがでしょうか?


まとめ

オリーブオイルの種類について
紹介させて頂きました。


最近よくエキストラバージンオイルが良いと
聞くことが多いかと思います。


確かにピュアオイルよりも
栄養価が高く健康・美容にもいいです!


しかし、オリーブの風味が苦手な方は
エクストラバージンオイルでは無く
ピュアオイルから使用してみてはいかがでしょうか?

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ