えごま油の美肌効果とは?ダイエットにも良い?効果的な食べ方とは?

えごま油の美肌効果について気になりますよね。

えごま油をスーパーで
見かけること増えたかと思います。


実は美肌やダイエットに良いんですよ!!
しかも1日小さじ1杯程度を
料理にかけたりするだけで
簡単に摂取でき、効果も期待できるのです。


そこで今回は、えごま油の美肌効果、ダイエット効果、
効果的な食べ方について紹介させて頂きます。

スポンサードリンク



えごま油の美肌効果とは?


えごま油とは何?

えごま油とは、シソ科のえごまという
植物の種から搾った油のことなんです。

シソ油と呼ばれることもあります。

また、一部の地方では、食べると
10年長生きするという意味で
ジュウネンとも呼ばれているそうです。

最近では美容や健康に良いということで
注目されている油の1つですね。

えごま油の栄養とは?

αリノレン酸
えごま油の最大の特徴である
不飽和脂肪酸の一種でオメガ3脂肪酸が
豊富に含まれているのです。

そのオメガ3脂肪酸に分類される
αリノレン酸はさまざまな効果が期待できるのです。

αリノレン酸は体内でDHA(ドコサヘキサエン酸)や
EPA(エイコサペンタエン酸)に変わるのです。

DHAは赤血球、血管壁、細胞膜を柔らかくしてくれます。
EPAは血液を固まりにくくし、血管をしなやかにしてくれます。

そのため、血液をサラサラにしてくれるのです。


αリノレン酸はサラダ油などの植物油にも含まれていますが、
その含有率は脂質の10%以下なんです。

えごま油には脂質の約60%も含まれているのです。

なので、他の植物油と比べると
効果が期待できるわけですね。

ロズマリン酸
ロズマリン酸とはポリフェノールの一種です。

シソ科の植物に多く含まれる成分であり、
強力な抗酸化作用があるのです。

アレルギーを抑える効果があると言われていて
花粉症対策に有効なんですよ。


また、ロズマリン酸は麦芽糖をブドウ糖に
変化させない働きがあります。

そのため、糖分として吸収されないので
体に糖分がたまりにくくしてくれるのです。

ダイエットに有効な成分と言われているのです。

ルテオリン
ロズマリン酸と同様にルテオリンも
ポリフェノールの一種です。

抗酸化作用が強く、抗炎症作用が期待出来ます。

特に注目されているのが脳の炎症を抑える作用で、
認知症に効果があるといわれているのです。

アンチエイジング効果

えごま油にはアンチエイジング効果が期待出来ます。

えごま油の脂質のほとんどが、体内では作ることのできない
必須脂肪酸のαリノレン酸です。

血液をサラサラにする効果があり、
血液循環が良くなる為
肌のくすみや、シワ、たるみなどの
アンチエイジング効果があるのです。

肌のターンオーバーの周期が安定することで
若々しい美しい肌となるのです。

また、ターンオーバーがスムーズとなる為
酸素や栄養、老廃物の排出もスムーズとなるため、
お肌にはとても良いのです。

ターンオーバーが正常となるので、
くすみやニキビなどの肌トラブルも無く、
若々しいお肌を手に入れることが出来ます。

スポンサードリンク


えごま油のダイエット効果とは?

えごま油はダイエットに効果的と言われています。

えごま油にはαリノレン酸が含まれていて、
体内でDHAやEPAに変えてくれますね。

このDHAやEPAには血液の流れを良くしてくれる
作用があります。

血流が良くなることで基礎代謝が上がるので
痩せやすい体にしてくれるのです。


また、αリノレン酸には腸内の老廃物を
排泄してくれる働きもあるのです。

そのため、便秘になりにくく、
腸内をすっきりとさせてくれるのです。


えごま油の効果的な食べ方は?

えごま油に含まれるαリノレン酸は
熱に弱いのです。

そのため、揚げ物や炒め物で使用すると
効果が落ちてしまうのです。

そのため、生のまま食べるのがオススメです。

また、タンパク質と一緒に摂取することで
より効果が期待出来ます。


なので
・納豆にかける
・冷奴にかける
・味噌汁に入れる
・卵かけご飯にかける
などの方法で簡単に摂取できますよ。

1日に小さじ1程度かければOKです。


また、朝食べるのがオススメです。

脳は朝起きてから紫外線などの影響により
どんどん参加してしまいます。

そのため、朝摂取することで
脳の酸化を防ぐことになるのです。


まとめ

えごま油の美肌効果について紹介させて頂きました。

最近スーパーなどでも、えごま油見掛けますよね。

美肌だけでなく、ダイエットにも効果的なので
女性にとって嬉しいことばかりですね。

1日に小さじ1杯程度なので
簡単に摂取できそうですよね。

是非お試しください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ