洗濯物の柔軟剤の効果は?洗濯に柔軟剤は必要?柔軟剤のオススメもご紹介

洗濯物の柔軟剤の効果って気になりますよね。

洗濯時には柔軟剤を使用していますか?

柔軟剤は衣類をふんわりさせてくれるだけでなく
様々な効果があるのですよ。

今回は洗濯物の柔軟剤の効果、
洗濯するのに柔軟剤は必要なの?、
洗濯の柔軟剤のオススメについてご紹介します。

スポンサードリンク



洗濯物の柔軟剤の効果とは?

衣類をふんわり柔らかくしてくれる

洗濯時に柔軟剤を使用することで
衣類をふわふわに仕上げてくれる効果があります。

柔軟剤に含まれている柔軟成分は、
繊維に付き表面をなめらかにしてくれるため
衣類の肌触りを良くしてくれるのです。

柔軟成分が衣類全体に行きわたるのは
電気の性質を利用しているからなんですよ。

硬くなりがちな綿の衣類はマイナス、
柔軟剤はプラスの電気を帯びています。

そのため、お互い引き付け合い柔軟成分が
衣類全体に行きわたることにより
柔軟剤を使用し洗濯することで
衣類がふんわり柔らかく仕上がるのです。

静電気を防止してくれる

柔軟剤には空気中の水分を吸収する性質があります。

電気は水分があると流れます。
柔軟剤により、衣類に適度な水分が
保たれ、衣類に溜まった電気が流れ
放電しやすくなるのです。

そのため、着脱時のパチパチとした
不快なパチパチとした静電気を防いでくれます。

また、柔軟剤により衣類の滑りが良くなり
摩擦が少なくなる為、静電気自体を発生しにくくしてくれるのです。

香りをつけてくれる

柔軟剤には様々な種類がありますね。

自分のお好みの香りの柔軟剤を使用することで
衣類に香りを付けてくれます。

消臭・防臭してくれる

柔軟剤には消臭・防臭効果のあるものが
多いかと思います。

柔軟剤を使用し洗濯することで
タバコや汗などのイヤな臭いを防いでくれます。

洗濯じわを軽減してくれる

柔軟剤を使用することで洗濯じわを防いでくれます。

しわができる原因の1つは洗濯で衣類同士が絡み合うことです。

柔軟剤に含まれている成分が潤滑油のような働きをしてくれるので
繊維同士の滑りが良くなる為、洗濯後取りやすくなるのです。

衣類の絡まりが減ることで、洗濯じわを軽減することが出来るのです。

毛玉ができにくくなる

柔軟剤には繊維同士の滑りを良くしてくれ、
衣類の表面をコーティングしてくれる効果があります。

そのため、毛玉をできにくくしてくれます。


洗濯するのに柔軟剤は必要なの?

私はほとんど毎回柔軟剤を入れて洗濯をしているのですが、
柔軟剤を使用していない方もたくさんいると聞きました。

柔軟剤の香りも好きだし、
柔軟剤を入れることでふわふわにしてくれるため
ほとんど毎回使用してします。

洗濯する時には柔軟剤は必要なんでしょうか?

上記の内容を見ているとメリットしか感じませんよね。


しかし、デメリットもあるのです。

柔軟剤には繊維の表面に膜を作り、
衣類の摩擦を防ぐ効果があります。

表示よりも多く入れたり、入れるタイミングを
間違えたりすることで衣類の吸水性が低下してしまうのです。

タオルなどは吸水性が低下してしまうのは困りますよね。

また、肌の弱い方は柔軟剤の成分が
刺激になることもあるのです。

柔軟剤は香りがいいため、多めに入れても大丈夫と
思っている方もいるのではないでしょうか。

しかし、多く入れ過ぎてしまうと吸水性が低下したり、
肌の刺激になったりしてしまいます。

柔軟剤は規定の量入れるようにすることで
より柔軟剤の効果が期待できるかと思います。

また、汚れを取るだけで十分と言う方は
洗濯洗剤だけでもいいかと思います。

柔軟剤は衣類のリンスの様な役割です。

そのため、汚れを落とすだけでなく、
手触りや香りを付けたいという方は
柔軟剤を使用したほうがいいですね。

また、特に冬場は静電気を防止してくれるので
柔軟剤を使用するのをオススメします。

スポンサードリンク


洗濯の柔軟剤のオススメは?


香りとデオドラントのソフラン プレミアム消臭

消臭効果があるということで使用し始めました。
香りもそこまで強くないので、
乾いた後もほのかに香るという感じです。

部屋干ししても生乾きの匂いは気になりません。

もちろん柔軟剤の効果で衣類はふんわりしてます。

色々な匂いを使用してみましたが
私はホワイトハーブアロマの香りが好きです。

まとめ

柔軟剤の効果について紹介させて頂きました。

柔軟剤には衣類をふんわりするだけでなく
様々な効果があるんですね。

また、柔軟剤の入れ過ぎは、
逆に吸水性を低下させてしまうので
規定の量を入れる様にしましょうね。

柔軟剤はデオドランドソフランがオススメなので
柔軟剤で迷っている方がいましたら使用してみて下さい!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ