もち麦のダイエット効果&便秘解消にも良い?白米との配合は?

もち麦のダイエット効果って気になりますよね。

もち麦はTV等でダイエット効果が期待できると
耳にすることが多いかと思います。

なぜダイエット効果が期待できるか知っていますか?
もち麦には食べるだけでダイエットに良い効果があるのですよ。


今回は、もち麦のダイエット効果、
もち麦ダイエットは便秘解消にもいいのか、
もち麦ダイエットでの白米との配合を
ご紹介します。

スポンサードリンク



もち麦のダイエット効果とは?

もち麦って何?

もち麦ってTVで聞いたことあるかと思います。

もち麦とは大麦の一種です。

見た目は粒の真ん中に黒い線が入っています。
食感は少し粘り気があり、
プチプチとした食感です。

押し麦とは違いもちもちした食感が特徴ですね。

なぜダイエットにいいの?

もち麦は白米と比べ、食物繊維が豊富で、
カロリーも低いのです。

もち麦に含まれる食物繊維は
胃で消化されにくく、腸までしっかりと運ばれる
水溶性食物繊維が豊富です。

そのため、腹もちも良い為、白米の代わりに食べることにより
ダイエット効果があると言われているのです。

もち麦のカロリーは白米と比べ、お茶碗1杯分で
50kcalも低いのです。

プチプチとした食感で、
食べごたえもアップします。

肥満ホルモンの分泌を抑えてくれる?

もち麦に含まれている食物繊維β-グルカンは
一緒に食べた食事の消化吸収を抑える働きがあります。

この働きが肥満ホルモンであるインスリンの
分泌を抑えてくれるのですよ。

インスリンと聞くと糖尿病の治療薬を思い浮かべる方も多いはず。
もともとは人間の体内で作られているホルモンの一種なんです。

血中の糖分が急激に増えた時にこの
インスリンは分泌されます。

ただし、血中から取り除かれた糖分は脂肪として
体内に蓄えられてしまいます。

そのため、インスリンが多く分泌されるほど
太ってしまうのです。

インスリンの分泌を抑えるには、
血中の糖分を急激に増やさないことが重要です。

β-グルカンは消化吸収を穏やかにする作用があり、
もち麦を一緒に食べることにより、
血糖値の急上昇を防いで切れる為、
脂肪の増加を防ぐことが出来るのですよ。


もち麦ダイエットは便秘解消にもいい?

もち麦には食物繊維がとても豊富なんです。
食物繊維は水溶性と不溶性の2種類あります。

中でも水溶性食物繊維が豊富なんですよ。

便秘を解消するには水溶性食物繊維:不溶性食物繊維=1:2の
割合で摂取することが理想なんです。

もち麦は水溶性と不溶性の食物繊維の
理想の割合で含まれているのです。

いくら食物繊維を摂取していても
不溶性のものばかり摂取していては
便秘解消には繋がらないのです。
水溶性と不溶性の食物繊維を
バランスよく摂取することが重要なんですよ。


水溶性食物繊維には腸内の水分を吸収し、
便をちょうどよい固さにしてくれます。
また、コレステロールを吸着し、
排泄する働きもあるのです。

もち麦に含まれている水溶性食物繊維である
β-グルカンには腸内の善玉金のエサとなり
腸内環境を整えてくれる働きがあります。

そのため、腸内環境が改善され、
太る原因と言われている腸内細菌を減らしてくれるため、
ダイエット効果が期待できるのですよ。


もち麦を毎日摂取することで
便の水分を増やし、便を柔らかくしてくれるため、
便秘解消へと導いてくれるのです。

スポンサードリンク


もち麦ダイエットでの白米との配合は?

白米にもち麦を混ぜる場合の配合は
どのくらいがダイエットには適しているのでしょうか?

ダイエットには5割炊きが適している様ですね。

白米:もち麦=1:1の割合です。

普段白米のみの方には初めは
食べ辛いかもしれませんね。

その場合には3割炊きや2割炊きから
始めてみるといいかと思いますよ。

5割炊きでなければダイエット効果がないという訳ではないので
自分が食べやすい割合から初めてみて
慣れてきたら少しずつ増やしていくのがいいかと思います。

もちろん、もち麦が多く含まれた方が
ダイエット効果は早く出てきます。

まとめ

もち麦のダイエット効果について紹介させて頂きました。

もち麦を白米に入れるだけでも
ダイエット効果が期待できるため
手軽にできるのではないでしょうか?

白米に混ぜて炊くことで普段の食事と
変わりなく摂取できるかと思います。

もち麦には味も特になく、
食感がプチプチとあるだけなので
苦手な方も少ないかなと思いますよ。

白米に混ぜて炊くだけなので
ダイエットを始めたいという方は
参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ