餃子の冷凍保存方法&冷凍餃子の焼き方のコツや保存期間は?

餃子の冷凍保存方法について気になりますよね。

餃子を手作りする際、余ってしまったことありませんか?

次の日も餃子だといやですよね。

実は、餃子は冷凍保存可能なんですよ。
冷凍しておけば、料理する時も簡単にできますね。

そこで、餃子の冷凍保存方法、餃子冷凍の焼き方のコツ、
餃子冷凍の保存期間についてご紹介します。

スポンサードリンク



餃子の冷凍保存方法について

手作り餃子を家庭で作ることありますよね?

その時、作りすぎてしまったり、
餃子が余ってしまうことありませんか?

次の日も餃子はちょっといやですよね。


餃子を冷凍保存することができるんですよ。
冷凍保存しておけば、別の日に食べることが出来ますね。


また、冷凍保存する場合
焼く前又は焼いた後どちらで保存できると思いますか?


実はどちらでも保存は可能なんですよ。

そのため、焼きすぎて余ってしまったものでも
冷凍保存可能なんですよ。


冷凍保存方法【焼く前】

①冷凍可能な金属トレイに片栗粉をまぶします

②重ならないよう金属トレイの上に乗せ、ラップをかけます

③冷凍庫へ入れ、完全に冷凍するまで待ちます

④餃子が冷凍したらバラバラにし、
 冷凍可能なフリーザーバックに入れ、冷凍保存します
 

冷凍保存方法のポイント【焼く前】

バットの上に片栗粉を敷くことで、
冷凍した後にバットから取りやすくなるんです。

片栗粉を敷かないと、金属トレイに
くっついてしまい、皮が破ける恐れがあります。


また、冷凍する際に水分が多いと具材が劣化しやすいです。
そのため、具の水分を良く抜いてから又はパン粉を入れると良いですよ。

パン粉を具材の中にいれることで
水分を吸収してくれるのですよ。



冷凍保存方法【焼いた後】

①餃子を焼き、冷まします

②冷めたら3~4個ずつサランラップで包みます

③フリーザーバッグに入れ、良く空気を抜きます

④金属トレイの上に乗せ、急速に冷凍します


冷凍保存方法のポイント【焼いた後】

焼いた後は、粗熱をしっかりと取りましょう。
冷凍する際には金属トレイの上に乗せてから
冷凍することで急速に冷凍可能です。


焼いた後の餃子は劣化しやすく、
風味も落ちやすいです。

なので、少しでも劣化させないために
急速に冷凍することが大切なんですよ。

冷凍餃子の食べ方【焼いた後】

①自然解凍か電子レンジで解凍する

②トースターやフライパンで焼く


しっかりと解凍しておくことがポイント!
しっかりと解凍していないと
中身が凍ったままの状態となってしまいます。

中身が凍っている為、長めに焼いてしまうと
周りが焦げてしまいます。

電子レンジだけでも解凍し食べることが出来ますが、
シナシナの状態です。

餃子は皮がぱりぱりがおいしいので
トースターかフライパンで焼くことをオススメしますよ!

餃子冷凍の焼き方のコツは?

凍ったままの状態で焼く

冷凍した餃子って解凍してから焼くか
解凍せずに焼くか迷うかと思います。

餃子は解凍せずに凍ったまま焼くことがポイントです。

解凍してしまうと、水分が出てしまい、
べちゃっとしてしまい、皮がベタベタとなってしまいます。


蒸す時の水の量はいつもより多めに

解凍せずに焼く為、水の量はいつもより多めです。

餃子が1/3ほど浸かるくらいが目安です。

また、水ではなくお湯にすることで
フライパンの温度が下がらないので
上手に焼くことが出来ますよ。


蒸し時間はいつもより少し長めに

解凍せずに焼く為、蒸し時間は長めです。

水の量が多めなので、
その水がなくなるまで蒸せばOKです。

スポンサードリンク


餃子冷凍の保存期間はどのくらい?

冷凍餃子保存期間【焼く前】

焼く前の餃子の冷凍保存期間は1ヶ月ほどが目安です。

意外と長く保存可能ですね。

焼く前の餃子ならアレンジ方法も様々ですね。
焼き餃子以外にも水餃子、揚げ餃子や鍋にも
使えるので1ヶ月もあれば使い切れてしまいますね。


冷凍餃子保存期間【焼いた後】

焼いた後の餃子の冷凍保存期間は3週間から1ヶ月ほどが目安です。

焼いた後の餃子は冷凍可能ですが、
一度焼いている為、劣化しやすく
風味も落ちやすいです。

そのため、なるべく早めに食べ切るようにしましょう。


まとめ

餃子の冷凍方法について紹介させて頂きました。

いつもは余ってしまっていた餃子を冷凍保存することで
別の日に使用で来たり、焼き餃子以外の調理にも
簡単にできますよ。

また、多めに作って別の日に調理することで
時短にもなるので主婦の方にとっては便利ではないでしょうか。

是非参考にしてみてくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ