ハンバーグをジューシーにするコツ&焼き方のポイントや付け合わせオススメご紹介

ハンバーグをジューシーにするコツ気になりますよね。

誰もが大好きなハンバーグ。

ご家庭で作るとパサパサとした食感に
なったことありませんか?

コツさえ掴んでしまえば肉汁をしっかり閉じ込め、
ジューシーなハンバーグを作るのも簡単なんです。

今回は、ハンバーグをジューシーにするコツ
焼き方のポイント、付け合わせオススメを紹介します。

スポンサードリンク


ハンバーグをジューシーにするコツ

ハンバーグを切った瞬間、肉汁が出てくるような
ハンバーグを作ってみたいですよね。

ハンバーグを作る時、パサパサとした食感に
なったことありませんか?

パサパサする原因は焼いた時に肉汁が
流れ出てしまうからなんです。

肉汁を途中で流れ出さない様にするには
いくつかコツがあるのです。
いくつかご紹介します。


牛肉:豚肉は7:3の割合で

スーパーで合いびき肉を購入すると
どのくらいの割合なのかわかりません。

そのため、お肉屋さんで買うのがオススメです。

脂肪分の多い豚ひき肉を入れることにより、
ジューシーなハンバーグにすることができるんです。

また、口当たりも良くなるのです。


お肉は塩でしっかりと練る

ハンバーグを作る上で、練る作業はとても重要です。

ひき肉に粘り気を出すことで肉汁を
閉じ込めやすい状態になるのです。
また、肉同士を結着させることにより
焼いた時にひび割れがしません。

塩を入れることにより、
ハンバーグを崩れにくくしてくれ、肉汁を逃さないのです。

この時に加える塩の量は材料全体の重さの0.8%です。


パン粉の代わりにお麩を使用する

ハンバーグと言えばパン粉を入れますよね。

グルテンというタンパク質が肉汁を閉じ込める働きがあります。

このグルテンがパン粉よりもお麩の方が
2倍も入っている為、よりジューシーな
ハンバーグを作ることができるのです。

お麩はすりおろして使用すれば
パン粉と変わりなく使用できますね。


成形する時はしっかりと空気を抜く

手の平を使ってお肉をキャッチボールするように
叩きつけてしっかりと空気を抜きます。

ハンバーグの中に空気を含んだままだと
焼いた時に割れる原因となるのです。

割れてしまうと、割れ目から肉汁が流れ出てしまいます。


成形後は小麦粉をまぶす

ハンバーグを成形後小麦粉をまぶします。
小麦粉をまぶすことにより、
ハンバーグをコーティングしてくれ
肉汁放出を防ぐことが出来るのです。

ハンバーグの焼き方のポイントは?


両面強火で焼く

フライパンをよく熱して油を馴染ませます。

フライパンが温まったらハンバーグを入れ
強火で両面を1分程焼きます。

両面を強火で焼くことにより、
肉汁をハンバーグの中に閉じ込める為です。

蒸し焼きにする

ハンバーグは生焼けになりやすいです。

そのため、弱火にし、蓋をして蒸し焼きにすることで
中まで火が通りやすくなります。

蒸し焼きにする際にはお酒やワインを入れると
さらに旨味アップします。

肉汁を確認する

ハンバーグって中まで火が通っているか
確認しづらいですよね。

ハンバーグの中まで火が通っているか確認するには
竹串を刺して、中から出てくる肉汁が
透明なら中まで火が通っています。

赤い肉汁でしたら、まだ火が通っていないため、
もう少し焼く必要があります。

スポンサードリンク


ハンバーグの付け合わせオススメは?

ハンバーグを盛り付ける時に
困るのが付け合せではないでしょうか。

付け合せは少しの量ですが、
色合いや栄養バランスも考えないといけないため
なかなか難しいんですよね。

そこで、簡単な付け合せのオススメを紹介します。

ニンジンのグラッセ

色合いもきれいで栄養もありますね。

グラッセは甘めなのでお子さんでも
食べやすいかと思います。

もやし炒め

チェーン店などではよく
ハンバーグの付け合せでありますよね。

特に味付けしなくても
ハンバーグソースをかければいいので
簡単でボリュームも有り、安く済みます。

バターコーン

コーンもよくチェーン店でよく
付いてくることが多いですよね。

バターコーンならお子さんも好きかと思います。
作るのも簡単なのでお手軽だと思います。

粉ふき芋

じゃがいもを使った付け合せでは
定番ではないでしょうか。

茹でたりするのが少し手間かもしれませんが、
電子レンジを活用すると割と簡単です。

いんげんのバター炒め

バターで炒めるのでツヤツヤで
鮮やかな緑色となり色合いもきれいです。

バターで炒めるだけなので
手軽に出来るかと思います。

まとめ

ハンバーグをジューシーに作るコツ
について紹介させて頂きました。

ハンバーグをジューシーに作るには
いくつかのコツがあるんですね。

ご家庭で作ると上手く焼けなかったりと
難しいです。

是非一度参考にしてみて下さい!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ