冬のかかとひび割れの原因は?ワセリンがいい?ひび割れケアにいい靴下オススメ。

冬のかかとひび割れの原因って気になりますよね。

特に冬場は乾燥しているため、
かかとがぱっくり割れて痛い!触れるだけで痛い!
という経験ありませんか?
しかも、ひび割れってなかなか治らないですよね。


そこで今回は、冬のかかとひび割れの原因、
かかとのひび割れにはワセリンがいいのか、
かかとひび割れのケアの靴下おすすめをご紹介します。

スポンサードリンク



冬のかかとひび割れの原因とは?


原因①乾燥

肌は、適度な汗、皮脂で皮脂膜を作り、
肌の表面を外部刺激から守りながら潤しています。

しかし、かかとには皮脂腺がなく、
油分が不足しやすく乾燥しやすい部位なのです。
そのため、乾燥肌ではない人でも乾燥しやすいのです。

特に冬場は乾燥しますよね。
しかも、かかとのケアまで
しっかりしている方って少ないかと思います。

そのため、知らないうちにかかとが
ひび割れてしまっていることもあるのではないでしょうか?

原因②刺激

かかとは歩くときには体重を支える場所で
一番衝撃を受ける場所なんです。

また、ヒールやサイズの合わない靴を履いている方は
靴に中で足が圧迫されたり、動いたりして、
摩擦でかかとがこすれます。

また、特に裸足で過ごすことが多い方は、
常に外的刺激にさらされているので刺激を常に受けている状態です。

刺激を受ける事により、防御反応として、角質が厚くなるんです。


角質が厚くなると体内から浸透する水分が届かなくなり
更に乾燥を引き起こしてしまうのです。


原因③かかと水虫

ひび割れの原因がかかと水虫なんてこともあるんですよ。
水虫というとおじさんがなるイメージがありますよね。
しかし、かかと水虫は誰でもなっている場合があるのです。

冬場は特にブーツを履く機会が多いと思います。
ブーツは通気性が悪く、熱気がこもりがちなので
水虫になりやすい環境なんですよ。

そのため、知らないうちに
かかと水虫になっている場合があるのです。

一般的なひび割れとは違い、
かかと水虫の場合には皮が剥けてきます。
また、かゆみもないため、
自覚症状がないことが多いです。

皮が剥けてくるという症状なら、
自宅で治すということは難しいため、
皮膚科を受診するようにしてくださいね。

かかとのひび割れにはワセリンがいいの?


ワセリンとは?

ワセリンは石油を蒸留した成分を精製して純度を高めた油脂なんです。

石油から作られている物を肌に塗って大丈夫なの?って
思う方が多いかと思います。

ワセリンは肌に刺激になる不純物を取り除いたものなので
石油から作られていますが大丈夫です!


なぜワセリンがいいの?

ワセリンは油分が含まれていて、肌に塗ると
表面に油分の膜が出来ます。

皮膚を保護してくれ、菌の侵入やほこり、
摩擦などの刺激から肌を守ってくれるのです。


使い方

お風呂上がり後に塗ることをオススメします。

かかとも水分を含んでおり、皮膚も柔らかくなっている為です。
マッサージをしながら塗ると効果的ですね。

ワセリンを塗った後は少しベタベタするため
靴下を履きましょうね。

スポンサードリンク


かかとひび割れのケアの靴下おすすめ


足うら美人シリーズ

足うら美人シリーズの靴下は乾燥しやすい、
かかと部分を二重編み構造していて、
その中に保湿シートが接着されているんです。

その靴下の構造は足から自然と出る水分を保持し、
保温性も高めてくれるため、かかとが柔らかくなるんです。
内側はシルクの素材となっているため
肌触りがとてもいいです!

角質を削ったりしなくても、この靴下を履くことで
かかとが自然と柔らかくなります。

角質を削るのは削りすぎてしまった場合などを
考えると削ることを躊躇っている方もいるかと思います。

しかし、この靴下なら削ったり、薬を塗ったりしなくても
自然とケアできるためお肌にもやさしいです。

冬場は毎日靴下を履くと思います。
毎日履く靴下を変えるだけで、
手間や時間をかけずに簡単にケアできますよ。

また、夜寝ている間もケアしたい方には
つま先が開いているサポータータイプがオススメです。
つま先が開いている為、睡眠時には蒸れやすいですが、
つま先が開いているため蒸れることもありません。

つま先が開いている為、足のサイズを
気にすることなく使用出来るのもいいですよね。

まとめ

かかとのひび割れってなかなか治りません。
しかもケアするの大変なイメージありますよね。

ワセリンを毎日塗って、靴下を履けば
かかとのひび割れは治せますよ!

是非かかとのひび割れでお困りの方は
ワセリンと靴下でケアしてみてください!

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ