スキムミルクと牛乳の違いは?料理の使い方&ダイエット効果の理由は?

スキムミルクと牛乳の違いって気になりますよね。
スキムミルクは料理やお菓子、パンと様々な使い方があります。

スキムミルクは牛乳とは違い、低カロリーで脂質がほとんどないんですよ。
まさにダイエットをしている方にはぴったりなんです。

今回はスキムミルクと牛乳の違い、料理の使い方、
ダイエット効果があると言われているのはなぜ
なのかについてご紹介します。

スポンサードリンク



スキムミルクと牛乳の違いって何?

スキムミルクって何?

スキムミルクとは牛乳から脂肪分を除き、
脱脂乳を粉末状に乾燥させたものです。
脱脂粉乳とも称されています。

脱脂粉乳と聞くとまずいと言うイメージの
世代の方もいるかと思います。

脱脂粉乳は、戦後の学校給食で用いられ、
バターを作った残りの廃棄物を使用していたため
品質も風味も良くありませんでした。

しかし、脱脂粉乳とは違い、
品質も向上しているため安心して使用できます。

また、乳脂肪がほとんど含まれていないので、
低カロリーでたんぱく質やカルシウムもしっかり摂れるんですよ。

低カロリーなのでダイエット効果もあると言われているんです。


スキムミルクと牛乳の違いとは?

味の違いは?
一番気になるのは味ではないでしょうか。

脱脂粉乳と言われるとおいしくなさそうですよね。

牛乳をすごーく薄めたような味がします。
匂いもほんのり牛乳と言った感じです。
脂肪がないため牛乳の様なコクや濃厚さはありません。

ほんのり甘く、薄い牛乳の様な味です。
決してまずくはありませんよ。

栄養価の違いは?
それぞれ100gあたりの栄養成分です。
※スキムミルク液は10g+水90gの標準濃度

スキムミルク液 エネルギー36kcal
        たんぱく質3.4g
        脂質0.1g
        炭水化物5.3g
        カルシウム110mg
        

牛乳      エネルギー67kcal
        たんぱく質3.3g
        脂質3.8g
        炭水化物4.8g、
        カルシウム110mg


エネルギーと脂質の値がスキムミルクの方が
圧倒的に低いですよね。

他の栄養素はスキムミルクと牛乳では
そこまで変わりません。


保存日数の違いは?
牛乳は1週間程度と賞味期限が短いですよね。

スキムミルクは水分が全くない粉状のものなので
長期保存可能なんです。

開封後1ヶ月くらいは持ちます。

冷凍保存するともう少し長く持ちますよ。
固まることも無い為
料理にそのまま使用可能なんです。


スキムミルクの料理の使い方とは?

スキムミルクは牛乳の代わりにはもちろん、
様々な料理に使用可能なんですよ。

水に溶かして牛乳代わりとしても飲めますし、
スープやお菓子、パンと使い道はたくさんあります。

牛乳よりもカロリー、脂質が低い為、
ダイエットをしている方にはぴったりではないでしょうか。

牛乳として飲む場合

≪材料≫
スキムミルク・・・10g
水・・・・・・・・90ml

≪作り方≫
①水にスキムミルクを加え良く混ぜます。


牛乳100mlに相当する量が作れます。

市販の低脂肪牛乳と同じように飲むことが可能です。
一般的なの牛乳よりはコクがありませんが、
ヘルシーに飲むことができますよ。

この分量の割合をもとに様々な料理の
牛乳の代わりとして使用も出来ますね。


ミルクシチュー

≪材料 2人分≫
鶏肉・・・・・・・・・・・・・・100g
玉ねぎ・・・・・・・・・・・・・1/2個
にんじん・・・・・・・・・・・・1/4本
ブロッコリー・・・・・・・・・・1/4株
薄力粉・・・・・・・・・・・・・大さじ1
水・・・・・・・・・・・・・・・600ml
コンソメスープの素・・・・・・・1個
◎スキムミルク・・・・・・・・・40g
◎水(スキムミルクを溶かす用)・35ml
塩こしょう・・・・・・・・・・・少々
サラダ油・・・・・・・・・・・・適量

≪作り方≫
①鶏肉、玉ねぎとにんじんは一口大に切ります。
 ブロッコリーは小房に分け、塩を加えた熱湯でゆでます。

②鍋にサラダ油を熱して鶏肉を両面を焼き、塩こしょうを振ります。


③玉ねぎ、にんじんを入れて炒め、薄力粉を加えて焦がさないように炒めます。
 水と固形スープの素を加えて溶きのばし煮込みます。

④にんじんがやわらかくなったら、水で溶いたスキムミルク、ブロッコリーを
 加えて少し煮込み、塩、こしょうで味をととのえます。


ドライフルーツのパウンドケーキ

≪材料 22cm×8cmパウンド型1台≫
バター・・・・・・・・・100g
砂糖・・・・・・・・・・80g
卵・・・・・・・・・・・2個
薄力粉・・・・・・・・・100g
ベーキングパウダー・・・小さじ2
スキムミルク・・・・・・50g
ラム酒・・・・・・・・・大さじ1
ドライフルーツ・・・・・60g

≪作り方≫
①型にバター(分量外)を塗り、薄力粉(分量外)を
 全体にまぶして余分な粉をおとします。

②バターと卵は室温に戻しておきます。
 薄力粉、ベーキングパウダー、スキムミルクは合わせてふるいます。

③室温に戻してやわらかくしたバターをボールに入れ、
 全体がふんわりとするまで、泡立て器でかき混ぜます。

④砂糖を入れて白っぽくなるまで混ぜ合わせ、
 溶いた卵を少しずつ加えて混ぜ合わせます。
 さらに、ドライフルーツとラム酒を加えて混ぜ合わせます。

⑤②の粉類を加え、練らないようにさっくりと混ぜ合わせます。

⑥①の型に⑤を入れて、170℃に温めたオーブンで
 竹串をさして生地がつかなくなるまで約40分焼きます。

スポンサードリンク


スキムミルクがダイエット効果があると言われているのはなぜ?

牛乳よりもスキムミルクのが
カロリーや脂質が低いですよね。

スキムミルクはダイエット効果があると言われていますが、
他にも効果的な理由があるのでしょうか?

基礎代謝量がアップし痩せやすくなる

ダイエット中は栄養バランスが乱れがちとなってしまいます。、
そのなかでも、たんぱく質が不足することで
基礎代謝量が低下することが考えられます。

ダイエット中はたんぱく質が必要不可欠なんです。
スキムミルクは低脂肪で高たんぱく質です。
脂質がほとんどなく、良質なたんぱく質をしっかりと
取ることができ、筋肉に栄養が行きわたります。

筋肉量を増やすことができ、基礎代謝量がアップするんです。
そのため痩せやすい体質になるんです。


腹持ちが良いため食べ過ぎを防ぐことができる

スキムミルクには、動物の乳に含まれている
乳糖(ラクトース)という成分が入っています。

乳糖は、水を含むと膨らむという性質を持ち、
体内に入ると膨張するため、腹持ちが良くなるのです。


脂肪が付きにくい体となる

スキムミルクにはダイエット中に不足がちなカルシウムが
豊富に含まれているんです。

実はカルシウムには脂肪が付きにくくなるという効果があるんです。
カルシウムと言うと歯や骨を強くしてくれるイメージですよね。

スキムミルクダイエットの注意点

牛乳を飲んで、下痢をしてしまったり、
お腹が緩くなったりする方は注意が必要です。

乳糖不耐症といって乳糖を消化する能力が低い可能性があります。

また、低カロリーで脂質もほとんどないからと
ついついたくさん摂ってしまい、
カロリーオーバーなんてことも、、、。

大量に摂取するのは良くないので注意してくださいね。


まとめ

スキムミルクについて紹介させて頂きました。

スキムミルクが低カロリーで
ダイエット効果があるなんてびっくりです。

様々な料理にも使用出来るので
色々と活用していこうと思います。

ダイエットを考えている方は
牛乳からスキムミルクに変えてみてはいかがでしょうか。
食事のときにひと工夫するだけでカロリーを
抑えることが出来るのでぜひお試しください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ