ハムスターの夏対策グッズ5選!注意点やエアコンの温度もご紹介

真夏は人間でも暑いと思いますよね。
ましてや毛で覆われているハムスターはとても暑いと感じているはずです。

夏場仕事等で留守にするのはとても不安に感じますよね。

そこで留守にする場合でも、使用できる暑さ対策グッズをご紹介します。

また、夏場の注意することやエアコンの温度についてもまとめてみました。




ハムスター夏対策グッズのオススメまとめ

夏場は家にいても、とても暑いですよね。
人間よりも毛深いハムスターは、とても暑いと感じているはずですよね。
そこで夏の暑さ対策にオススメのグッズを紹介します。

金網タイプのゲージ

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

三晃商会 HS5ケージ 356 (ハムスター飼育ケージ)
価格:2186円(税込、送料別) (2017/5/8時点)



うちの実家ではこちらを使用しています。
金網製の方が通気性が良いため夏にはぴったりだと思います。
しかし、金網の隙間から木屑を出して部屋は汚れてしまいます。

プラスチック製や水槽型は通気性が悪い為、
熱の逃げ道がないため夏には不向きです。

ただし、金網製のゲージを噛む危険がありますね。
あまりにも噛むようでしたら、元のおうちへ戻したほうがいいです。

金網を噛みすぎると、歯が欠けたり、不正咬合になってしまう場合があります。


陶器製のおうち



暑い日中は涼しい巣穴で過ごす習慣があります。
そのため、陶器製のハウスをゲージの中に入れておくと
ハムスターは快適に過ごすことができます。
設置は置いておくだけなのでとても簡単ですね。

また、夏場だけではなく、冬には風を通さず、
保温され温かく過ごすことができます。
年中通して使用できるため便利です。

色々なデザインのおうちがある為、
入口からちょこんと顔を出すところがとてもかわいいです。


ウェットタイル



水で濡らし、風が吹くことにより、蒸発して冷えます。
気温30℃を超える猛暑でもよく冷えます。

気温が40℃近い場合でもウェットタイルの上は
25℃まで冷えることがあります。

暑い中お留守番させる場合にはこのアイテムが
あると便利だと思います。

ただし、ウェットタイルを全面並べてしまうと冷えすぎてしまい、
ハムスターの逃げ場がなくなってしまうため
逃げ場となる場所を作ってあげてくださいね。


アルミプレートのアイテム



設置は置いておくなのでとても簡単ですね。
アルミ製なので熱伝導に優れています。
ハムスターが直接触れることで体温をアルミが吸収し、放熱してくれます。

冷気を送り込む仕組みではないため冷えすぎることもなく
安心して使用できますよ。



ほかにもゲージに取り付けるタイプもあります。

お玉の上に乗っている姿はとってもかわいいですね。


水を入れ凍らせたペットボトル又は保冷剤

凍らせたペットボトルなら、グッズを買う必要もなく
手軽にできるのではないでしょうか。

ただし、設置には注意が必要です。

冷気は上から下に下がっていきます。
なのでゲージの上に置くことをオススメします。
結露した水が落ちないようにタオルでくるんで設置してください。

タオルが薄すぎると結露した水を吸収できなくなり
おうちがべちゃべちゃになってしますので注意してください。

また、凍らしたペットボトルが溶ける時に音が鳴りますよね。
音に敏感なハムスターにはストレスに感じてしまう場合もあるそうです。

ハムスター夏に注意すること


風を直接当てない

ハムスターは毛で覆われており、
汗をかかないため、風を当てても涼しさは感じません。
クーラーの風を直接当ててしまうと
冷えすぎてしまう場合もあるため注意ください。

また、扇風機のみ回すことは効果がありません。
室温が高い中、扇風機を回すと熱風を浴びているような
感覚になってしまうため気を付けて下さい。


飲み物はこまめに変える

水は毎日変えるのは原則ですね。
しかし、夏場は水が腐りやすいため、
朝夕の2回取りかえてあげるほうがいいです。


湿気に注意

ハムスターは乾燥した地域の生き物の為湿気には注意が必要です。

湿気のこもらない風通しの良い場所においてあげてください。


掃除はこまめにしましょう

ハムスターはとてもきれい好きです。

水をこぼしたり、トイレ等湿気がたまり易いです。
特に夏場は不衛生になりがちとなってしまいます。

また、生野菜なども腐りやすいため、
食べ残しのある場合には片付けてあげるようにしてください。

不衛生でストレスがたまると、食欲不振や運動不足など
様々な病気を併発させてしまいます。

夏場は普段よりもこまめに掃除することを心掛けてあげましょう。


ハムスターの夏のエアコンの温度は?

夏場はエアコンを付けっぱなしだと電気代がかかってしまいますよね。
なので留守にする場合には付けていくか迷ってしまうのではないでしょうか。

ハムスターは本来、乾燥した地域の生き物なんです。
日本の夏は温度も湿度も高く、日本の夏は
人間以上にハムスターのとっては過ごしにくい季節なんです。

夏場はエアコンを使用しないと40℃近くになることもあります。
その中でハムスターを放置していくのはとてもかわいそうです。

人間でも熱中症になってしまいます。
ハムスターも熱中症になって倒れてしまいます。

室温が30℃を超えると、ハムスターは熱中症で死亡する確率が高くなります。
急激な温度上昇では十数分で死亡した事例もあるようです。


電気代のことを考えるとできるだけ付けるのを止めたいですが、
かわいいハムスターのためにはエアコンを付けていってあげましょう。

やはり夏の暑さ対策は、エアコンによる温度と湿度調整に勝るものはありません。

ハムスターが健康を維持できる温度は20~26℃、湿度は40~60%です。
エアコンの除湿機能によって湿度が40%を下回っても、水分が補給できれば大丈夫です。


まとめ

ハムスターの暑さ対策等について紹介させて頂きました。

少しでも快適に過ごしてもらいたいですよね。

夏場は特に育てるのが不安に感じるかと思います。
動物なので会話ができないため、
どのアイテムが気に入ってくれるか分かりませんが色々と試してみて下さい。

サブコンテンツ

このページの先頭へ