甘酒の効能は夏バテに効く?夏バテ解消できる甘酒の作り方をご紹介

甘酒って夏バテに効果的って知っていましたか?
甘酒というと冬のイメージですよね。

飲む点滴と言われるほど栄養豊富なので、
夏バテには甘酒がぴったりなんですよ。

夏バテ以外にも、女性にとってうれしい
美肌にも効果的なんです。

今回は甘酒の効能、甘酒で夏バテ解消方法、
甘酒の作り方についてまとめてみました。

甘酒が苦手な方もおいしい飲み方をまとめてみましたので
参考にして下さい。

スポンサードリンク



甘酒の効能は夏バテにいい?

甘酒と言うと温かい飲み物のイメージがあり、
夏よりも冬のイメージがありますよね?

実は江戸時代には夏の飲み物として売られていたそうです。
夏の飲み物として飲まれていた為、夏の季語として使われているそうです。
冬の飲み物のイメージだったため少しびっくりしました。


甘酒には、ビタミンB1、B2、B6などのすべての天然吸収型ビタミン、
システイン、アルギニン、グルタミンなどのアミノ酸、
葉酸、オリゴ糖、食物繊維、大量のブドウ糖が含まれています。
この成分、実は点滴とほぼ同じなんです。

なので、飲む点滴と言われているんです。
経口摂取できる「飲む点滴」である甘酒は、
まさに夏バテにぴったりな飲み物なんです。


近年では、美肌、便秘、ダイエット、疲労回復等に効果があり、
スーパーフードとして注目されていますよね。
夏バテにはもちろん、女性にとってはピッタリな飲み物ですね。


そんな甘酒には2種類あるんです。
味や効果も違うようです。

酒粕から作られる甘酒

日本酒を製造する場合に出来る酒粕を水で溶いて作られます。
甘みが薄い為、砂糖を加えて作られます。

お酒の搾りかすなので、若干アルコールが入ってます。
加熱することでアルコールは多少飛びますが、
完全に無くなることはありませんし、アルコールの臭いも残ります。
なので、妊婦の方やお子さんは飲むことができません。

砂糖も入っている為、カロリーは高めです。


米麹から作られる甘酒

お米に米麹、水を加えて作られます。

砂糖を加えないため、お米のでんぷん質が
発酵して出来るブドウ糖の自然の甘みです。
甘酒と言いますが、米麹から作られる甘酒はアルコールを含んでいません。

なので、妊婦の方やお子さんでも飲むことが出来ます。

実は、栄養価が高いのは米麹から作られた甘酒の方なんです。
飲む点滴と言われているのは米麹から作られた甘酒のことを言います。

身体に必要なほとんどの栄養素が含まれていて、
ブドウ糖をはじめ、アミノ酸や、エネルギー代謝に
必要なビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

ブドウ糖は、本来、お米などの炭水化物がもつ糖質が消化器官により
分解されて作られ血液中の赤血球を動かします。
甘酒には、そのブドウ糖が含まれているところから
飲む点滴と言われているのだと思います。


夏バテ解消には甘酒がオススメ!

甘酒にはたくさんの栄養素が含まれていますね。
夏バテにはより多くの栄養素が含まれている
米麹から作られる甘酒がオススメです。

いつ飲むと効果的?

夏バテ解消のために甘酒を飲むには、
朝に飲むのがオススメです。

甘酒は体を動かしたり、頭を使ったりするエネルギーとなります。
基礎代謝も上がる為、朝に飲むと1日元気に過ごすことができますよ。


どのくらい飲むといい?

1日マグカップ1杯が目安です。

1杯(200ml)あたり、約160カロリーあります。
同じ量のコーラだと約90カロリーです。

甘酒がいかにカロリーが高いのかが分かるかと思います。
飲み物として考えると少々カロリーが高めですね。

なので、栄養が豊富だからと言ってたくさん飲み過ぎると
カロリーの取り過ぎとなってしまうので注意くださいね。


効果的な飲み方は?

甘酒は冷やしても、温めても栄養素は変わりません。

夏バテのときはエアコンの当たり過ぎや、冷たい物の取り過ぎで
自律神経が乱れ、胃腸が冷えて弱っていることが考えられます。

なので、温めて方飲むことをオススメします。
温めて飲めば、代謝が上がったり、冷えた体を温めることができるためです。
ただし、ビタミン類は熱に弱い為、ひと肌くらいに温めて飲むほうが良いです。


また、夏バテ予防としては、アイスクリームにして食べるのもオススメですね。
アイスクリームなら暑いときでも無理なく食べることができるかと思います。


夏バテのときに甘酒と一緒に摂取したい食材

甘酒は栄養が豊富ですが、ビタミンCが含まれていません。
ビタミンCはストレスの耐性を高めてくれます。

夏バテの状態は暑さや疲労などの肉体的ストレスも大きな負担となります。
なので甘酒と一緒にビタミンCを摂取するとより効果的と言えます。

ビタミンC豊富で甘酒と合いそうな食材です。↓
・ゆず
・レモン
・イチゴ
・バナナ
・リンゴ
・アセロラ
・抹茶   


甘酒の夏バテに効く作り方:甘酒が苦手でも美味しく飲める簡単アレンジ法

今ではスーパーなどどこでも甘酒を手に入れることができますね。
買ってきたものでもいいですが、お家でも簡単に作れるんです。
簡単に作れる甘酒の作り方、甘酒のアレンジを紹介します。


魔法瓶で作る簡単甘酒

冷蔵庫で保存すれば1週間ほど持ちます。

≪材料≫
お米・・・1合
米麹・・・200g
水 ・・・1200ml

≪作り方≫
①米を洗い、鍋に入れ、水を600ml入れる

②鍋を中火にかけ、沸騰したら弱火にして蓋をして10分炊く(時々かき混ぜる)

③出来上がったお粥をミキサーにかけ、なめらかにする

④再度、鍋に戻し、水600ml入れ、ほぐした米麹を入れて、よくかき混ぜる

⑤60℃になるように弱火で加熱し、しっかりかき混ぜる

⑥魔法瓶に熱湯を入れて、温めておく

⑦温めた魔法瓶に入れ、8時間放置する(時々振る)


抹茶甘酒シェイク

ヨーグルトと牛乳で割るので飲みやすいです。
また、ビタミンC豊富な抹茶で栄養満点!

≪材料 1人分≫
甘酒(米麹)・・・80g
ヨーグルト ・・・50g
牛乳    ・・・100g
粉末抹茶  ・・・大さじ1/2

≪作り方≫
材料全部入れ、ミキサーにかける


バナナ甘酒豆乳シェイク

豆乳で割るので飲みやすいです。
また、ビタミンC豊富なバナナで栄養満点!

≪材料 1人分≫
甘酒(米麹)・・・25g
豆乳    ・・・150cc
バナナ   ・・・1本

≪作り方≫
①バナナを1cmの輪切りにする

②材料全部入れ、ミキサーにかける


甘酒ココア

甘酒の甘みが苦手な方はココアのほろ苦さで
飲みやすくなるかと思います。

≪材料 1人分≫
甘酒(米麹)・・・100ml
豆乳    ・・・100ml
ココア   ・・・小さじ1~2

≪作り方≫
①甘酒と豆乳を温める

②①の中にココアを入れよくかき混ぜる


甘酒いちごアイスクリーム

暑い時でも手軽に食べられます。
ビタミンC豊富ないちごで栄養満点!

≪材料 3~4人分≫
甘酒(米麹)・・・250cc
生クリーム ・・・100cc
卵黄    ・・・1個
いちご   ・・・50g

≪作り方≫
①いちごを小さい角切りにする

②ボウルに材料全て入れ混ぜ合わせる

③冷凍庫に入れ、時々かき混ぜながら凍らせる

スポンサードリンク

まとめ

甘酒がこんなにも栄養豊富なんてびっくりですね。
夏バテ以外にも色々と効果があるので
試してみる価値はありそうですね。

甘酒は少し癖があって苦手な方でも飲みやすい作り方を
まとめてみましたのでよかったら参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ