日焼けした顔の赤みと皮むけのケアやファンデーションについて

日焼けした後、顔の赤みや皮むけで困ったことありませんか?
正しいケアをしないと症状が酷くなり、
シミ、くすみ、シワの原因となります。

正しいケアをすることで治りも早くなりますよ。
今回は日焼け後の顔の赤み、皮むけのケア方法と
皮むけしているときのファンデーションについてご紹介します。

スポンサードリンク



日焼けした顔の赤みをケアする方法

日焼けした当日に顔が赤くてびっくりすることないですか?
日焼けして肌が赤い状態は火傷しているのと同じ状況なんです。
火傷をした後はしっかりとケアしますよね?

日焼けも火傷と同じ状況なのでしっかりとケアしないといけません。
放っておくと湿疹や水ぶくれ、ただれの原因となってしまいます。
日焼け後の赤みのケア方法をご紹介します。


日焼けした肌を冷やす

日焼けで肌が赤くなるときは肌が炎症を起こしています。
肌が赤くなっている状態は火傷と同じ状態なのでまずはしっかりと冷やすことが大切です。

冷たい濡れタオルや保冷剤を包んだタオル等で赤くなった部分を冷やします。
直接保冷剤を当てると、しもやけ状態になり、肌を傷めるため止めましょう。

また、顔だけでなく 身体全体が赤くなっている場合には
冷水シャワー又は冷水風呂が良いです。
一気に広範囲冷やすことが可能です。
シャワーの水圧は強すぎると肌へ刺激を与えてしまうため弱めにしましょう。

お風呂上りには肌が炎症を起こしている為
ゴシゴシこすらず優しく拭いてください。


だいたいの目安は、肌の熱っぽさがなくなり、ひんやりするまでしっかりと冷やします。

冷やすというと氷水が思い付くかと思いますが、
氷水では冷たすぎて血管が収縮し、肌の再生が遅れるためNGです。


しっかりと保湿をする

冷やした後にはしっかりと保湿することが大切です。
日焼け後の肌は乾燥をしていて脱水状態なのです。
アフターケアをしないとシミ、たるみ、シワの原因となります。

日焼け後の肌はとてもデリケートです。
刺激が強い化粧水を使用すると炎症を悪化させてしまう可能性があるため
刺激の少ないものを使用しましょう。
美容液やクリームを塗るのも避けた方が良さそうです。

きゅうりやレモンパックは天然なので肌に良さそうですが、
火傷状態の日焼け後には刺激となる場合があるので控えましょう。

日焼け後は肌に良いビタミンCの成分が入った方が肌に効きそうですが、
日焼け後には刺激となってしまうので肌には良くありません。


日焼け後のオススメの化粧水は、ハトムギ化粧水です。↓



ハトムギ化粧水は、天然成分のハトムギエキスが配合されていてお肌に優しいです。
使用感はべたつかずさっぱりとしています。

ドラッグストアでも売っていてプチプラです。
日焼けしているときにはたくさん使用するのでプチプラなのは嬉しいですよね。
大容量なので顔、身体の広範囲に塗っても惜しみなく使うことが出来ます。

ハトムギエキスは天然保湿成分が多く、日焼けした後の肌のほてりを取り除いたり、
保水効果でお肌を引き締めたりする効果があります。
低刺激で鎮静効果もあるため日焼け後にはぴったりです。

使い方は、コットンに化粧水をたっぷりと染み込ませ、肌につけパックします。
乾燥する場合は何度か繰り返し化粧水を付けることをオススメします。
それでも乾燥するという方は低刺激の乳液を使用すると良いです。


水をたくさん飲む

肌も乾燥していますが身体も乾燥しています。
外側からの保湿も大切ですが、内側からも水分補給してあげましょう。

スポンサードリンク

日焼けした顔の皮むけをケアする方法

日焼け後に数日経つと皮がむけることよくありますよね。
皮むけがひどいと人前にも出るのも恥ずかしいですよね。

皮むけの対処法をご紹介します。


皮をむかない

気になってしまいむいてしまう方もいるのではないでしょうか?
皮がむけていないところまでむいてしまうと肌にダメージを与えてしまいます。

皮がむけている間は出来る限り肌への負担をかけないようにすることが大切です。
皮をむく行為は肌にダメージを与えるだけでなくシミの原因となってしまいます。

皮むけは気になってしまいますが、自然にむけるのを待ちましょう。


化粧水、乳液でうるおいを補給する

日焼け後の皮むけには不足している水分をしっかりと補い保湿することがポイントです。
化粧水だけではなく乳液も使用し、しっかりと保湿することが大切です。
少しでも肌の再生が早まるようにできるかぎり刺激のないもので保湿しましょう。

日焼け後水分が不足しがちな為、いつもよりもたっぷり化粧水をつけましょう。

肌が黒くなり早く白くなりたいと思いますが、美白用化粧水は避けましょう。
皮がむけている状態は、肌が敏感となっているため美白用化粧水は刺激が強いです。
肌の皮がむけるのが落ち着いてから美白化粧水を使うようにしましょうね。


睡眠をよくとる

肌の生まれ変わりターンオーバーを促すには良質な睡眠をとることが大切です。
眠ることで新しい皮膚が作られます。

良質な睡眠をとる為には就寝する2~3時間前には入浴を済ませるようにしましょう。
睡眠は体温が下がっていくときに誘発されるため眠る前に入浴することで
体温を上げ、体温を下げやすくするため寝つきを良くすることが期待できます。

特に成長ホルモンは22~2時の間に分泌されます。
成長ホルモンが分泌される間は眠っている状態が良い為
19~22時ごろ入浴するのが理想ですね。

また、就寝する1時間前くらいからはスマートフォンやパソコンの使用を
控えるようにし、カフェインの入った飲み物を控えるようにし、
スムーズに眠れるように意識するといいでしょう。


栄養バランスの良い食事をする

皮膚のもととなるたんぱく質、すこやかな肌には欠かせない
ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEなどを積極的に摂り入れましょう。

たんぱく質・・・肉、乳製品、魚、卵、大豆 等
ビタミンA・・・卵黄、バター、かぼちゃ、レバー 等
ビタミンC・・・レモン、いちご、アセロラ、ブロッコリー、ピーマン 等
ビタミンE・・・アボカド、植物油、さんま 等

肌に良いとされているたんぱく質、ビタミン類を意識して食事に取り入れてみて下さい。


日焼けした顔が皮むけしているときファンデーションはどうすればよい?

顔の皮むけしているときにファンデーションを塗ると、
粉吹いたようになったり、カサカサした皮めくれが目立ちますよね。

皮むけしている間はファンデーション等の化粧を控えるほうがいいですが、
仕事の都合上やお出かけする時はお化粧をしなければなりませんよね。


まずは、お化粧をする前のスキンケアを入念にしましょう。
皮むけしている状態は肌が乾燥しているため、
いつもよりも念入りに保湿をし潤いを与えてあげましょう。

潤いを与えることで肌のキメが整ってくるため、
ファンデーションの浮きを抑えることができます。

使用するファンデーションはパウダータイプよりは
リキッドタイプの方が伸びが良く、乾燥した肌に馴染みやすいです。

乾燥している状態は、いつもよりも化粧崩れしやすいです。
隠したい気持ちは分かりますが、なるべく薄く
塗ることをオススメします。

また、こまめにスプレータイプの化粧水を
吹きかけると乾燥を防ぐことが出来ますよ。


まとめ

日焼けのケアには外側からも内側からのケアどちらも大事ですね。
日焼け後には是非試してみてくださいね。
放っておかずに正しいケアをするように心掛けてみてください。

正しいケアをして正常なターンオーバーを促し、早く元のお肌に戻しましょう。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ