ドコモと格安スマホの料金の差は半分?乗り換えのデメリットは何?

ある調査によると、年間のスマホ月額料金は月額7,187円です。

これを、格安スマホに乗り換えて、基本料 +端末代 +通話料で
半額以上安くしたいんだけど・・・
本当に出来るの?

今回は、ドコモのスマホから格安スマホに乗り換えようと悩んでいる方に詳しい情報をお伝えします。

スポンサードリンク


ドコモから格安スマホに変えたいけどどれだけ料金が違うの?


格安スマホはドコモより半額以上安いって本当?


格安スマホは必要なサービスだけにすることでコストを節約しています。

大手携帯会社では、プランに無駄が多いからです。
良い点は、誰が使っても満足できることと、多くのニーズに応えられることです。

悪い点は、使い方が決まっている人には必要以上の機能やプランとなって高額になっていることです。

例えば、スマホを使っていて感じたことですが、

私は電話をあまりしない・・
外でインターネットはほとんどしない・・
だからその代わりに基本料や使用料を安くしてほしい・・・

そんな希望に応えてくれるのが格安スマホです。 格安スマホは、使い方を自分で選べて、スマホ代金を安くできます。
そして、ドコモのような大手携帯会社に縛られることもなくなります。

この格安スマホは、今では多くの企業が参入し、
数十社以上ありますので、選ぶ側も迷ってしまいます。

格安スマホはプランや料金が明確


スマホの料金プランのように、契約したら基本料から割引きや、プランの中止、変更などが複雑ではありません。
あくまで基本料は、通信料代+通話料 +端末代 とシンプルです。
分かりやすいですね。


利用期間の縛り

ドコモ、ソフトバンク、auは契約(再契約)から25ヵ月目の1ヵ月間だけ、解約手数料が無料です。
つまりほとんどの人が解約手数料を支払っています。

格安スマホは、最低利用期間が1ヵ月~と縛りがゆるく、最低利用期間が過ぎた後は解約手数料は必要ありません。
だから、他により良いプランがでれば、解約手数料を気にしなくてもいいし、さらにお得に利用できます。

ドコモの子会社が出している格安スマホに乗り換えたい



格安SIMの安さが大手通信会社の天敵と言われていますが、一方では大手通信会社自身も子会社や系列会社を通じて格安SIMサービスを展開していて
格安SIM需要を取り込もうとしています。

大手が手がける格安SIMだったら、格安SIMでも、通信環境は安定していて、既に一部の格安SIMは人気が出ています。
特にNTT子会社のNTTコムの格安SIMは、格安SIM市場における市場シェアNo1を記録しています。


おすすめはOCNモバイルone、またはUQ-mobile。

設備がしっかりしていてつながりやすさNo.1なのは、OCNモバイルoneはNTTがやっている格安SIMです。

もうひとつのUQ-mobileはKDDIの子会社で、回線が強いです。
格安SIMはみんなdocomoかauの回線をレンタルして営業しているので、docomo直系のOCNやau直系の
UQ-mobileが大人気の理由が分かります。

でも、大人気なのは分かったけど、料金も他より高い事がわかりました。

いくら安くても回線が重いのは嫌だという方が多くいらっしゃいます。
今まで通りスマホでネットやアプリを使いたいですね。

格安スマホにドコモからの乗り換え方


ドコモのMNP さっそくMNP予約しましょう。
ドコモはネットでMNPを申し込む事ができます。

OCN申込み もネットで完了できます。

スマホの機種変更と違って、格安SIMへの乗り換えは自宅で全部手続きを終わらすことが出来ます。

あとはSIMカードが届くのを待ちましょう。

SIMカードってなに?

SIMカードとは、電話番号を特定するための固有のID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために
必要なICカードのことです。


データ通信量ってなに? どのくらい必要なの?


インターネット、メール、アプリなど、スマホを使う時に消費するパケット通信の容量の事です。
使い方によって個人差はありますが調査データによると90%の人が1日100MBも使っていない状況です。

データ通信量は、スマホの利用の仕方によって大きく違ってきます。
メールとLINE、ネット程度利用する人だったら、1日で60~80MB程度。
そこに動画やSNSのやり取りがプラスされても、ほとんどの場合、1日で100MB(1カ月3GB)にも満たないです。

スポンサードリンク


ドコモを格安スマホに乗り換えた時のデメリット



通話料が高くなる可能性があります。

ドコモの「カケホーダイ」、auの「誰でも割」ソフトバンクの「スマ放題」など、スマホの通話料は定額の2,700円で契約することが多いです。

それに対して、格安スマホは通話料が20円/30秒のところが多いので、月の通話量が多いと高くなります。

楽天モバイルやY!mobileなど通話料を安くできる格安スマホがありますので、
月の通話が多い人はそのようなスマホを検討してみてください。

高速通信が制限される

格安スマホは通信量で基本料金が設定されていますので、インターネット接続を快適に利用したい人は注意が必要です。
今お使いのスマホのように、数段階で料金の上限が設定されていません。
と言っても。月の上限をオーバーしたとしても、追加料金などではなく通信速度が遅くなるだけです。

ほとんどが200kbps辺りになりますが、インターネット接続も通常通り行えます。少し遅いだけです。
普通に使っている人は3GBあれば十分なはずですので、目安として使ってみてください。月の利用量を見ながらプランを変更するの
もいいでしょう。知っている限り無料で変更できます。

200kbpsで出来る事、出来ない事


ウェブサイトの閲覧は?

200kbpsでウェブサイトを次々とみていくのは相当のストレスになります。
Google検索などのテキストベースのものであれば、普通に閲覧できます。
ある程度のサイズのあるサイトは、1ページや2ページを見る分にはなんとかなりますが、
ウェブサーフィンは無理です。

LINEでメッセージは送れるの?

テキストやスタンプの送受信は高速通信時と同じように出来ます。
しかし、写真を送るとなると、送信完了までの時間を表すアイコンが表示されます。
長いものだと送信するのに10秒くらいかかります。
メッセージのやりとりは問題なくできます。

メールはできるの?

メールの使用も普通にできますが、大きなファイルを送信する際は、
当然それなりの時間がかかります。
例えば、200kbpsで10MBの写真を送るには、約400秒かかる計算になります。

Youtubeは?

画質は悪くなりますが、200kbpsでもYoutubeは見れます。ちょっと止まることもありますが止まらずに見られるものの方が多いです。
でも、動画が開始されるまでに時間がかかります。長いものだと、1分位待たなければなりません。

格安スマホにすると ドコモのメールアドレスは使えるの?


ドコモは、「@docomo.ne.jp」が使えません。

ラインやSNSなどで、今では、使う機会も減っていますが、メールアドレスでメールを送っている方は困るかもしれませんね。
パソコンなどでGmailや、ヤフーのYahoo!メールなどの無料で利用できるフリーメールを代わりに使うという方法があります。

終わりに


格安SIM、格安スマホは気になるけど、周りに使っている人がいなくて不安と感じている方もいらっしゃいます。

格安SIMの「格安」は、決して“安かろう悪かろう”ではありません。

調査によると2014年3月からの1年間で契約数が倍増しており、
総務省が2015年5月からSIMロック解除を義務付けたことでさらに契約数は伸びると思われます。
「格安スマホ」の時代がくるかもしれません。是非参考にしてみてください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ