楽天モバイルにソフトバンクから乗り換えるメリットとデメリット

格安スマホに変えたいけど、どうやって変えるんだろう?
値段は安いけどどんなメリットとデメリットがあるのだろうか。

そんな疑問がありますね。

今回は、楽天モバイルにソフトバンクから乗り換えるメリットとデメリットや乗り換えの際に最低知っておきたいことを詳しく
お伝えします。

スポンサードリンク


楽天モバイル メリットとデメリット


楽天モバイルのメリット


月々の携帯電話の料金が2000円くらいになります。

格安SIMの最大のメリットは月額料金が安い事です。
今までは月7000円や8000円だった携帯代が2000円くらいです。
年間だと7万円以上の節約になりますね。

契約に縛られません

ドコモやau、ソフトバンクなどは年毎に契約が更新されます。
その更新する月に他社へ乗り換えをしないと、月5000円程度で使い続けることができなくなっています。

大手の携帯ショップでは、最新のスマホがタダで手に入る上に最初の2年間は月5000円程度で使うことができます。
でも、契約から2年を経過すると月額料金が7000円から8000円くらいに値上がりします。

2年後に他社へ乗り換えると、また新しいスマホが手に入り、月額料金を5000円ぐらいで引き続き使うことができます。
ただし事務手数料など乗り換えには5000円くらい別途手数料がかかります。
乗り換えは2年ごとの更新月に行わないと1万円程度の違約金がかかります。

面倒なので何もせずに、ずーと大手携帯会社を使い続けた場合、契約から2年後に月額料金が7000円から8000円に値上がりするだけです。


最近、携帯電話の月額料金を安くするようにと大手携帯会社に提案しましたが
長期の契約の方の場合に、月額料金を5%程度引き下げると返答しています。
これでは、あまり魅力を感じませんね。

格安SIMの場合、スマホの月額料金を2000円程度にすることができる上に、一度手続きをすると、わずらわしい手続きに悩まされないんです。
格安SIMは何年使おうが料金は月2000円くらいです。新しい格安スマホを分割で購入する場合、
最初の2年は月3000円くらいになりますが、2年経過すると、月額料金は2000円くらいに下がります。


スマホを長く使えます


大手携帯会社の場合は2年ごとにスマホを実質0円くらいで新しいスマホに変更できます。
お得に感じる人がいるかもしれませんが、それ以上に月額料金が高く設定されているんです。
スマホを新しくしなくても高い料金を払わされるので、多くの人が2年ごとにスマホを新しくしていると思います。


例えばソフトバンクを使っていて2年を超えても他社へ乗り換えなかったり、機種変更もしない場合、単純に高い月額料金を払い続けています。
格安スマホの場合、スマホを自分で購入しなければならないので、ずーと使い続けようとします。
基本的に3,4年は不満なく使えると思うので、長い目で見ると圧倒的に格安スマホがお得になります。

格安スマホから他の格安スマホへ乗り換えてもキャッシュバックや割引などはほとんどないので、
大手携帯会社のように2年ごとに乗り換えなくても大丈夫なんです。

楽天モバイルのデメリット


相談窓口がない


ドコモやau、ソフトバンクのようショップがあるわけではありません、
ほとんどのMVNOはインターネットを通して事業を起こしていますのですぐに問題が解決しない場合が多いです。

何か相談したくてもお問い合わせからのメールになります。
相談は電話かメールでの対応になるのでよく考えてから乗り換えしましょう。

楽天モバイル 通話料が高い?


通話代が30秒20円です。

大手携帯会社では話し放題のプランや同じ会社同士だと通話料金無料の時間帯がありますが、格安SIMにはありません。
格安SIMの通話代は30秒20円が基本です。

楽天電話をつかうと通話の質を落とさずに30秒10円にすることができます。
家族や友達などに電話をしたいときはLINEの無料通話を使う事ができます。


楽天モバイルの速度制限について


楽天モバイルを含むMVNOでは3GBや5GBなど、データ通信容量に基づいて契約プランが決まっていて、
月々の利用料金が違います。

このプランの容量が意味するのは、高速通信で月々にどれだけのデータ通信が出来るのか、
この容量を超えてしまうと、通信制限がかかってしまうのです。

例えば、月々1600円で通話SIMを利用できる3.1GBプランの場合、月に3.1GBの容量を超えて高速モバイル通信をすると
その後は通信制限がかかって、高速通信ができなくなります

この通信制限が解除されるのは、月が変わるタイミングになります。
このような場合、100MBあたり300円の容量追加パックを購入すれば、新しく追加した容量分は高速通信ができるようになります。

3日間通信制限中の容量も、3日間通信制限にカウントされる?


3日間通信制限中に使った、低速でのデータ通信容量も、3日間の通信制限の基準に使われてしまいます。
たとえば3.1GBプランを契約していて、3日間で540MBを使ってしまって、通信制限がかかってしまったとします。
仕方なく低速通信でインターネット通信をしていました。

その時の、低速通信のデータ容量が3日間で540MBを超えてしまった場合、
また3日間の通信制限がかかってしまうのです。

3日間制限は規定値を超えてもすぐには低速化しません。条件を満たした当日中はデータ容量を使い切るまで高速通信ができます。
その代わり1日の通信量だけで3日間制限を満たしてしまうとその後3日間は高速通信ができなくなります。

この制度は、他のMVNO業者ではない場合も多く、注意が必要です。

MVNOってなに?


MVNOとは「Mobile Virtual Network Operator」
日本語では「仮想移動体サービス事業者」を指します。
携帯電話回線などの無線通信基盤を他の通信事業者から借り受け、独自のサービスをくわえて提供する企業のことです。

スポンサードリンク


楽天モバイルにソフトバンクから乗り換えて大丈夫なの?



もし乗り換えする場合の流れ


1. ソフトバンクショップでMNP予約番号をもらいます。
電話やネットからでも出来ます。

2 .MNP予約番号を使って格安SIMを購入します。
必要な場合は格安スマホも購入します。

3. 3,4日すると格安SIMが自宅に届きます。

4. 届いた書類に従って設定したら利用開始できます。

MNP予約番号ってなに?


MNP予約番号とは携帯電話を乗り換えるときには必要なものです。 いま使っている携帯会社で発行してもらった予約番号を、
新しく乗り換える先の携帯会社に伝えないと、今まで使ってきた電話番号を引き続き使うことが出来ません。

ソフトバンクのMNPは、電話での手続きができます。ショップに行く必要はありません。

ソフトバンクでMNPお問い合わせ窓口の電話番号を教えてもらえます。
すべて電話で手続きができるため、窓口での解約などもしなくて大丈夫です。

SIMってなに?


SIMカードとは、電話番号を特定するためのID番号が記録された、携帯やスマートフォンが通信するために要るICカードのことです。
SIMカードのは、今ご利用の端末によって違うため、今、利用している端末のSIMカードの形状を確認してからお求めください。
SIMロック解除がされている端末(SIMフリー)かを確認する必要があります。

モバイル機器は多くの場合、通信機能のあるモバイル機器本体に、通信に関する情報が入っているSIMカードを挿入して使います。
WiFiモデルはは使用できませんのでご注意ください。

国内で販売されているモバイル機器は、SIMのロックがされています。
SIMロック解除が必要な場合は、キャリアショップ等で解除対応をしてください。
または、SIMフリー端末として発売しているスマホをご用意ください。


SIMフリーってなに?


SIMフリーは、SIMのロックが掛かっていない端末のことです。
SIMフリー端末を使えば、縛られることなく、さまざまなSIMカードを使うことができます。
最近では、プロバイダなどが多彩なプランが用意されていて、スマホの使い方によってはSIMフリーの端末を使うことで
月々の携帯電話代を節約することができます。

契約更新月を確認しましょう

ソフトバンクは、契約期間(1年間や2年間)という縛りがあります。
途中で解約することもできますが、プランによって異なりますが約9,500円
解約金を支払わなければなりません。

しかし、契約更新月であれば解約金はいりません。
解約金を払いたくなければ、契約更新月まで待ちましょう。
契約更新月が分からない場合は、ソフトバンクに聞くと教えてくれます。
必ず事前に確認しましょう。


変更手数料は絶対にいるの?


MNPはソフトバンクの場合は、必ず所定の手数料がかかります。

契約後翌々請求月末まで 5,000円
当該期間以降 3,000円

ソフトバンクを契約してすぐに解約しない方が多いと思うので、ほとんどの人が3,000円はかかると思います。

MNP専用のフリーダイヤルに電話をして手続きをしましょう

MNP問い合わせ窓口の電話番号

電話番号 ソフトバンク携帯電話から *5533
フリーコール 0800-100-5533(無料)
受付時間 午前9時から午後8時
My SoftBank(携帯版のみ)午前9時から午後9時30分

受付時間内に電話しましょう。
自動音声の後に担当オペレータにつながります。

用件を伝える時は、「電話番号そのままで他社に変わりたい」と言ってください。

担当オペレーターが引き止める?


MNPについて、質問をされます。

「どこの携帯会社に乗り換え予定ですか?」「MNPする理由は?」というようなアンケートのような質問です。

しかし、このような単純な質問ならいいのですが、やっぱりソフトバンクがいいな。と思わすような「引き止め」をされます。

例えば・・・

「お客様には、特典がついておりまして、継続ということでしたら○○期間月額料金を1,000円割引、もしくは機種変更などで使
える30,000円分のポイントをお選びいただけます」

魅力的に感じます。うれしい人もいるはずです。しかし、これを受けて継続してしまうと、解約月でしたらまた2年縛りのはじまりです。

「本日は月初となりますが、解約しても日割りにはなりません。1ヶ月分の料金のご請求となります。
「このまま移転しますと、他社での日割り料金もかかるので、非常にもったいないです。月末に解約された方がお得ですよ。」って言われます。

なるほどと思いますが、少しでも月末に近い方が、乗り換え先の料金が安くなります。
でも、乗り換え先が日割りではなく1ヶ月分かかる・・・のならいつ解約しようが同じことなんです。

楽天モバイルは、月初の月額料金が無料になります。そのため月末より月初の方が、その特典を最大限に生かせるんですね。
はじめてのMNPなら申込手続きに戸惑うこともあるかもしれないので、余裕を持って手続きしてください。

もしも、うっかり月をまたいでしまうと「お客様は解約月を過ぎていますので」というふうになるかもわかりません。

ソフトバンクの引き止めにより、迷いが出て、なかなか変更できない人もいらっしゃるようです。
いろいろと巧みな引き止めがありますが、条件に当てはまらなければ、自分の意志を信じて変更しましょう。

引き止めが決して悪い事ではなくて、接客や言葉使いはとても丁寧ですので押し売りではないのでご安心ください。

MNP予約番号がメールで送られてきます

具体的にMNPすることをが決定すればすぐにMNP予約番号が送られてきます。

MNP予約番号が発行されることで、それを利用して乗り換えの手続きができるようになります。
乗り換え先の手続きで絶対に必要になりますので、消去せずにおいておきましょう。

「予約番号」ってなに?

乗り換え先での申し込みが完了するまではソフトバンクで引き続き利用できます、という意味です。
仮の状態ということですね。

そのため、MNP予約番号には有効期間があります。
ソフトバンクのMNPは、申し込んでから予約日をいれて15日間です。
この期間を過ぎてしまうと予約は無効になるので注意してくださいね。

これで終了です。

終わりに


楽天モバイルの料金プランは、データ通信量で大きく4種類あります。
細かいところはSMSがあるのとないのと、
通話SIMorデータ、12種類から料金プランを選択することができます。
中でも、ベーシックプランは通信速度が200kbpsしか出ないのでネットで動画を見ることは難しいですが、
他のプランとは違いデータ通信量制限がなく使うことが出来ます。
メールやlineしか通信をしない人、月額料金を抑えたいという人向けです。

ご参考になさってください。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ