ヴィラアイルバリの口コミ情報!親子体験記事ブログ最新版

スミニャック クロボカン地区の人気ヴィラ、ヴィラ・アイル・バリ。
ゲストルームが16室しかない小さなヴィラタイプのホテルですが、
最上級のホスピタリティでゲストをもてなしてくれる素敵なホテルです。
2016年夏に訪れた私たちの記録とともに、その魅力をブログ記事を通して語りたいと思います!

スポンサードリンク


ヴィラアイルバリの1ベッドルームヴィラ

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91

ヴィラ・アイル・バリ。ご存知な方はよくご存じのヴィラなのではないでしょうか。
一度訪れたらその温かみのあるおもてなしに、
ついリピートしたくなってしまう、そんなヴィラです。

ヴィラ・アイル・バリは、スミニャック クロボカン地区の代表的な隠れ家タイプのヴィラ。素敵なホテルと聞くけれど、初めて滞在する方にとっては、
どんな様子か知りたい、そんなお気持ちなのではないでしょうか。
また、帰国日のデイユースプランを探してらっしゃる方にとっても、
検討されているヴィラのひとつかもしれませんね。

そんなヴィラアイルバリの1ベッドルームヴィラの室内の様子をお伝えしていきますね。

まず到着して目に入るのは、素敵なフロント。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92
落ち着いた雰囲気の二人の男性が出迎えて下さいました。
なんというのでしょう、とてもプライドを持ってお仕事されていることが
感じられます。

フロント左手に見えるレストランもオープンエアでとっても素敵。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93
落ち着いた、大人のホテルといった印象です。

私たちの部屋はフロントからほど近い3番のお部屋。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93-%ef%bc%92
入口がいかにもバリらしいですね。

部屋の入口脇は、奥のお部屋へと続く道。
椰子の木越しに見えた月、真っ青な空、
いずれも美しくとても印象的でした。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93-%ef%bc%93
お部屋に通していただきます。部屋はとにかく広い!
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%94
成田からの直行便は夕方に着きます。
空港からホテルまでたいした距離ではたいした距離ではないけれど、
渋滞に巻き込まれ、ホテルに着いたのはもう19時。

こちらはウェルカムドリンク。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%95
よく冷えたおしぼりとともに供してくださいます。
ミントとライムの香り爽やかで、旅の疲れも癒されます。

お疲れでしょうが・・・と気を配って下さいながら、
室内の説明を。

こちらはお風呂。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%96
浴衣とドライヤーは部屋に備わっています。

アメニティはこんな感じ。
アメニティはヴィラアイルバリオリジナルのものと
ロクシタンが準備されています。
石鹸はヴィラアイルバリで手作りされているもの!
子連れということはあらかじめ伝えておいたのですが、
わざわざ子供用歯ブラシ、歯磨き粉、石鹸を準備して下さっていました。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%97
とてもいい香りの虫よけオイルも常備されています。

トイレはこんな感じ。コンパクトながら、清潔に保たれています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%98
ベッドは憧れの天蓋付き。
我が家は3歳と9歳の子供を加えて4人です。
1ベッドルームヴィラなので、エキストラベッドを入れていただきました。
天蓋付きベッドは母子3人で寝ても十分な広さ。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%98-%ef%bc%92
ベッドの周りに敷かれてあるものは、キッズ用のプレイマット。
ホテルにはあらかじめ、プレイステーション、子供用の浮き輪2つ、
携帯電話2台、プールサイドのチェア2台、オセロをリクエストしてありました。
リクエストしたもの以外にも・・・
こうして子供用の歯ブラシやプレイマットなどを揃えて下さっていたことに感動です。

ベッド脇にこんなスペースも。
ちょっと横になったり、荷物を置いたりと大活躍です。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%98-%ef%bc%93
どの部屋もプール付き。鍵型で、夜はライトアップが素敵です。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%99
プールサイドにはこんなリラックススペース。
いたるところにリラックススペースがあります。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%90
リクエストしたプールサイドのチェアはこんな具合に設置されていました。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%91
リビングのソファまで、シックな色合いに保たれています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%92
リビングはオープンエア、お風呂、トイレ、寝室は屋内にあります。
リビングの天井は高くて心地よいですね。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%92-%ef%bc%92


動画は早朝の鳥の声が入っていますので、よりリアルに雰囲気が伝わるでしょうか。

リビングの脇にはコンパクトながら、一通りそろったキッチン。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%91
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%92
簡単なお料理はできますが、今回そのタイミングはありませんでした。

ミニバーにはビンタンビール、コカコーラ、スプライト、
もうひとつなんでしょうね。
これらは全て無料でいただけ、1日1回補充されます。
私たちはビンタンビールのみいただきました。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%93
シンク脇の扉を開くと、ミネラルウォーターが設置されています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%94
もちろん、水もお湯も出ますので、好きな時にお茶を飲むことができます。

紅茶、コーヒーは一通り揃っている程度のラインナップではありますが、
しっかり準備されています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%95
部屋にはフレッシュフルーツとバリスナックが置かれてあり、
こちらも無料のサービス。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%93-%ef%bc%96
実はあまりいただく機会はないのだけれど、
なんだか気持ちが華やぎます。
フルーツは、パイナップル、オレンジ、ランブータンなど旬のフルーツが盛られています。

どうでしょうか。
お部屋の雰囲気、つたわりましたか?

ヴィラアイルバリの朝食とアフタヌーンティー


%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%94
ヴィラ・アイル・バリの朝食とアフタヌーンティーはとっても充実しています。
朝食とアフタヌーンティーのおかげで、ゆったり優雅に一日を始め、
そして一息つくことができますよ。

朝食は和食、洋食、ベジタリアン、インドネシアン、メキシカン、お子様用の6種類から選ぶことができ、ジュースやフルーツ、食後の飲み物も選ぶことができます。

例えば、インドネシア料理ならば、ナシゴレン、ミーゴレン、ブブールアヤム(鶏粥)からの選択で、
さらにジュースはオレンジ・ミックス・スイカ・パパイヤ・パイナップル・メロンの6種類からのチョイス。
果物はヨーグルト和えか季節の盛り合わせからの選択で、大目にしてとお願いすることもできますよ。

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%95
アフタヌーンティーは、毎日1回
10:00-18:00、21:00-22:30の中から好きな時間でオーダーをすることができ、
例えば火曜日はシュークリーム、クッキー、スコーン、チョコレートケーキ
といったようにメニューは日替わりで用意されています。

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%96
飲み物は、紅茶コーヒーから、アイスチョコレート、キャラメルマキアートなど
選ぶのを迷ってしまうほど、用意されています。

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%97
アフタヌーンティーなのに、22時半までオーダーできるというのが
嬉しいですね。
我が家は夕食をルームサービスでとり、
一緒にアフタヌーンティーを運んでいただいて、デザート代わりに利用することもありました。

詳しくは別記事にまとめてみましたので、
よろしければこちらもご覧になってくださいね。
朝食、ハイティーだけでなく、ルームサービスについても記載しています。
http://siruw.com/archives/1298.html

ヴィラアイルバリのスパ・アイル


もしかしたら、ヴィラ・アイル・バリで最も有名なのは、併設されるスパ、スパ・アイルかもしれませんね。
水と緑に囲まれた落ち着いた空間の中で、ゆったりと施術を受けることができます。
本格的なアーユルヴェーダから、チョコレートスクラブを利用したチョコレートラバーなどといったコンビネーショントリートメントまで、メニューもふんだんに用意されています。

スパ・アイルの営業時間
9:00-23:00 年中無休
最終受付 21:00(2時間トリートメントの場合)
最終受付 21:30(1時間30分未満のトリートメントの場合)

公式HPによると
一番人気のパッケージはオリエンタルブレス。
お1人 US$138++ だそうで、
公式HPからの直接予約で10%オフになります!
http://www.spaairbali.com/

公式HPから予約した場合、
2名以上の利用で下記エリアへの無料送迎が付きます。
クタ、スミニャック、レギャン、サヌール、ジンバラン、ヌサドゥア

空港へも送ってくださいます(荷物は1人スーツケース1個のみ、サーフボード・ゴルフバッグは不可)。

最終日に滞在しているホテルに迎えに来ていただき、
スパ、食事終了後空港へ送っていただくこともできますね。
夜中出発するまでの時間を持て余しがちな最終日に最適です。
これは嬉しいサービスですね。

オリエンタルブレスは4時間スパに5コースフレンチ(ランチでもディナーでも!)もしくはハイティーのいずれかがセットされた内容。

4時間スパの内容は
アーユルヴェーダシロダーラ120分
(アーユルヴェーダシロダーラマッサージ90分+第三の眼へのドリッピングオイル30分)
フェイシャル60分
ヘアスパ60分

5コースフレンチは
アミューズ、前菜、本日のスープ、メイン、デザートのコース料理

ハイティーは
ティーセレクションから選べる紅茶と、種類の豊富な軽食と自家製スイーツ。

おそらくハイティーは、滞在中にいただけるアフタヌーンティーと同内容かと思います。
アフタヌーンティーについてはこちらもご参考になさって下さいね。
⇒マタアイルカフェのメニュー、口コミ情報! 2016年版

さて、滞在していた私には、こんなスパ・プロモーションのご案内がありました。

%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%98
フリーコンビネーション2時間パッケージ
Rp728,000++(1円=約130Rp、2016年8月現在)

これは以下の5種類から2種選ぶパッケージプランです。
フェイシャル、ヘアースパ、フットマッサージ、ボディーマッサージ、ボディスクラブ

宿泊特典を持ってらっしゃる方には
宿泊特典のスパをアーユルヴァーダシロダーラへアップグレードするサービスがありました。

私が選んだのはフリーコンビネーション2時間パッケージのヘアースパとボディーマッサージ。

部屋で予約を入れます。
のんびりと予約を取らずにいたら翌日の予約は取れなくて、
最終日の午前中にようやく予約がとれました。
スパの施術を受けたい方は、遅くとも到着日には予約を入れておくと安心だと思います。

最終日の朝。
フロントの脇の小道からスパへ向かいます。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%91%ef%bc%99 朝の光に緑が映えてとってもきれい。

小道の先の門をくぐると・・・
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%90
右手にスパのエントランス。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%91
こぢんまり控え目ながらも、温かみが伝わってきます。

レセプションはこんな感じ。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%92 すぐ脇にショップもあるのですが、こちらでもいくつかオイルなどが販売されています。

まずは冷たいおしぼりと、ドリンクを。
ドリンクはなんでしょうね、サンザシのような少し甘味と酸味のある飲み物。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%93
オイルは5種用意されており、好きな香りを選択します。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%924
独立した部屋に案内され、そこで施術を受けます。
小さなプライベートガーデンのついた、落ち着いた部屋です。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%95
部屋にはトイレ、シャワー、ジャグジーが完備。
用意されたローブに着替えるので、服が汚れる心配もありません。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%96
こんな像がいたるところにあって、バリの空気を醸し出しています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%97
さすがに施術中に写真は撮れなくて。
写真はここまでですが、内容はとっても良かったです。

極上のリラックスタイムを過ごし、帰国することができました。

ヴィラアイルバリのランドリーサービス


バリで数日間滞在される場合、お洗濯がどうしても必要になります。
ヴィラ・アイル・バリには、便利なランドリーサービスが用意されていますので安心ですよ。

クローゼット脇に、ランドリーバッグとオーダー表が準備されています。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%98
シャツやTシャツ、スカートは30,000Rp
(1円=約130Rp、2016年8月現在)、約230円。
下着やハンカチ、靴下、水着は20,000Rp。
ジャケット、ドレス、ナイトガウンといったようなちょっと大物で
35,000~50,000Rp。

格安ではないけれど、お願いできない価格でもないですよね。
これは通常のランドリーの価格で、ドライクリーニングやアイロンのみを
お願いすることもできます(価格はランドリーとは異なります)。

通常、午前10時までにお願いすれば、同日の17時に仕上がります。
午前10時を過ぎていれば、翌日の仕上がり。

1.5倍の価格で、特急仕上げもお願いできます。
午前8時~午後7時までの受付で、6時間以内に仕上がります。

私たちは午前10時を過ぎてお願いしたので、
翌日こんな具合に部屋に届けられていました。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%92%ef%bc%99
きちんとプレスしてあり、いい香りがします。

バリは、街中ランドリーサービスが充実していて、
外に出しに行くほうがおそらく安いとは思うのですが、
持っていく手間を思うと、大物はヴィラアイルバリのランドリーサービスにお任せして
洗濯しやすい小さなものは部屋で洗って干していました。

こんな具合に。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93%ef%bc%90
浴室にあったタオルかけを利用しています。

ヴィラ・アイル・バリのランドリーサービス、快適ですし、使えます!

ヴィラアイルバリの無料送迎サービス


ヴィラ・アイル・バリでは、宿泊しているゲスト向けの無料送迎サービスがあります。

行き先は、クタ、レギャン、スミニャック地区。
車は一台しかありませんので、
お買い物の先でドライバーを待たせることなどはできませんが、
ちょっとショッピングやランチに出かけるのにとても嬉しいサービス。

ただし、皆さんお願いしたい時間は重なってしまうもの。
どうしてもこの時間、という場合は早めに予約しておきましょう。
場合によっては、乗り合いをお願いされることもあります。

予約はフロントでできます。

公式HPで宿泊予約をした場合には無料送迎サービスにも特典があり、
チェックイン、チェックアウト時に、往路復路各1回のみですが
バリ島空港または以下の対応エリアからヴィラ・アイル・バリ間を送迎して下さいます。
対応エリア:クタ、スミニャック、ジンバラン、ヌサドゥア、サヌール
有料送迎エリア:ウブド、ウルワツ、ウンガサン US$25++(片道)

その他のエリアも、有料になりますが、相談に応じて下さるそう。

例えば、前半に滞在した別のホテルまで迎えに来ていただき、
帰国日に空港まで送っていただくような使い方が出来る訳です。
有料とはいえ、ウブドやウルワツまで対象になるなんてちょっと驚きですね。

ヴィラアイルバリのWi-Fi、変圧器


ヴィラ・アイル・バリでは、全室でWiFiが利用できます。
部屋にはWiFiに接続するためのパスワードが置かれてあり、
1日1回パスワードを入力して利用します。
LANケーブルもあるそうで、パソコンを持ち込んで利用することもできるようです。

バリ島の電圧は200V-50Hz。
変圧器の貸し出しもありますが、3台しかないようなので、
必要な方は予め予約しておいたほうが無難かもしれませんね。

プラグは丸ピン2本のCタイプ。
日本のものとは形状が違うので、プラグアダプタが必要です。
我が家は持参しましたので、あいまいな記憶ですが、
部屋に設置されていたように思います。

ヴィラアイルバリの虫除け対策


ヴィラ・アイル・バリでは
確か火曜日だったと思いますが、週に一度虫除けのための消毒が行われるようです。

ヴィラに滞在していたはずですが、特に気になることもなく、
その時間は過ぎました。

訪れたのが乾季だったおかげもあるのでしょうが、
あまり蚊に悩まされることはありませんでした。

各室には、携帯用虫除けオイル、蚊取り線香、殺虫剤が常備されており、
レストランでも足元で蚊取り線香が焚かれます。

日本からも念のため準備していきましたが、
ほとんど使う機会はありませんでした。

もちろん時期によるとは思いますが、
ご参考になさっていただけると良いと思います。

ヴィラアイルバリのレイトチェックアウト


デンパサールから成田への直行便の時刻は00:55。
デンパサールから関空の場合でも00:40発です。

かなり遅い時刻の出発ですので、
バリにおいて帰国日をどう過ごすかというのは
とても大切なポイントとなります。

我が家は3歳と9歳の子連れですので、
レイトチェックアウトの一択です。

別のホテルに行ってデイユース・・・素敵だけれど
子供が疲れて機嫌を損ねてしまうより、
プールで好きに遊ばせていたほうが親も子も楽です。

ということで、18:00までのレイトチェックアウトをお願いしておきました。
今回は、バリ王のツアーで行ったので、バリ王の担当の方に連絡しました。
1人あたり5000円の追加料金です。

ヴィラ・アイル・バリに直接お願いする場合、
18:00までは宿泊料金の半額、
18:00以降は宿泊料金の1泊分がかかります。

帰国日、空港へはホテルを21時頃出るとよいでしょう。
かなり渋滞しますし、この時間の空港は大混雑。

空港はこんな状況です。
%e3%83%b4%e3%82%a3%e3%83%a9%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%ab%e3%83%90%e3%83%aa%e5%86%99%e7%9c%9f%ef%bc%93%ef%bc%91 22時に空港に到着しても、出国手続きを終えてやっと解放されるのが23時半。

体力は温存させておくのに限ります。

ヴィラ・アイル・バリの通常のチェックアウト時刻は12:00です。
18:00まで過ごさせていただければ御の字、
チェックアウト後は夕食をとって周辺でのんびり過ごすつもりでしたが・・・
次の日の予約がないお部屋だということで、
21:00まで過ごさせて下さいました!!

なんと素敵な取り計らいでしょう。
この3時間のおかげで、とてもゆったり過ごすことができました。
おそらく、ルームキーパーの方々にはご負担をおかけしたことでしょう。
感謝の一言に尽きます。

ヴィラ・アイル・バリでは、こうした心のこもったサービスに
感動することがよくあります。
ホスピタリティに定評があるといわれるホテルだけのことはあります。

もちろん、ホテル側の事情・状況もありますので、このブログで読んだからといって
遅い時間までの滞在サービスを無理にお願いすることは避けて下さいね。

ヴィラアイルバリの携帯電話


ヴィラ・アイル・バリでは、国内通話用の携帯電話の貸し出しサービスがあります。
1台あたり50,000Rpのプリペイドカード代が必要です。
台数には限りがあるようなので、予約をしておくことをおすすめします。

旅のスタイルにもよると思いますが、
ヴィラ・アイル・バリ内やその他街中のレストランにおいてもWi-FIフリーの
お店が結構あり、国際電話の必要がないと考えられる場合には
ホテルの携帯電話をレンタルすることも一つの手段だと思います。

私たちは万が一の時用としてレンタルしましたが、
使ったのはホテルの送迎車の中に忘れたベビーカーを届けていただいた時くらいでした。

ヴィラアイルバリの無料貸し出し品


ヴィラ・アイル・バリでは様々なものを貸し出してくださいます。
ベビーカー(2台 要予約)
傘(通常サイズ、折りたたみ)
チェス、中国将棋、カードゲーム、PS2、モノポリー、オセロなど
自転車(マウンテンバイク2台、二人乗り1台、女性用バイク2台、お子様用椅子2台 要予約)
音楽CD,DVD (要予約)
※日本のDVDは信号が違うので持ち込んでも見ることができません
爪切り(1セット 要予約)
変圧器(3台 要予約)
浮き輪 (要予約)
サンチェアー(4台 要予約)
ベビーベッド
ベビー用おもちゃ
ベビーマット
車いす(有料)

私たちがお願いしておいたものは

子供用浮き輪2つ
トランプ
オセロ
PS2
音楽CDとキッズ用DVD
サンチェアー2台
携帯電話2台

でしたが、完璧に準備されてありました。

出発前にツアー会社を通じてリクエストしましたが、
ホテルに直接でももちろん大丈夫です。

ヴィラアイルバリのチップ


チップについては諸々の考え方があると思いますが、
ひとつだけはっきりしていることは
バリの物価はどんどん上がっているということです。

例えば去年7,000Rpだったものが今年は10,000Rpだということは
十分にありうるわけです。

チップについては、日本人スタッフの方に少しお話を伺うことができました。
これが絶対というわけではありませんが、おそらく相場なのかなと思います。

ルームキーパーへの枕銭 20,000Rp(1円=約130Rp、2016年8月現在)
スパ スタッフへのチップ 2~50,000Rp
空港送迎車の旅行ガイド、運転手へのチップ 20,000Rp
タクシー お釣りを受け取らない程度
1日チャーターのガイド 50,000Rp
特別よくしてもらったときは100,000Rp程度でも

バリではもともとチップの習慣はないようですが、
今や世界有数のリゾートとなり、観光業で成り立っている地域。
チップが慣習となっている国々の観光客の方はチップを支払うでしょうし、
徐々に浸透してきているはずです。

特に高級リゾートのゲストはそれなりの振る舞いを求められるというのが
私たちの考え。

サービスに対する感謝の気持ちを表す手段の一つとして、
ご参考になさってみてください。

ヴィラアイルバリのカーチャーター


ヴィラ・アイル・バリでは、カーチャーターの手配をお願いすることができます。

日本語のできる運転手の方で、8人乗り程度の少し大き目の車

という条件で探してくださいました。

その前日にも別のところでチャーターを利用しましたが、

1時間あたり100,000Rp(1円=約130Rp、2016年8月現在)

が大体の相場のようです。

8時間だと少し割引があり、700,000Rp。
もちろんこれは手配会社の取り分というものがあって、
実際運転手の方の手に渡るのは500,000Rp。

直接運転手の方にお願いする場合は少し安めにチャーターできるでしょう。
私たちがお願いした運転手の方は
10時間 550,000Rp
で受けると言ってくれていました。

チャーターする車は大き目の方が楽です。
ウブド、ウルワツへ行きましたが、渋滞も多く、2時間以上のドライブになります。
少しゆとりのある大きさの車のほうが、移動は楽になります。
我が家の子供たちは横になって眠っていました。

スポンサードリンク


ヴィラアイルバリの日本語


ヴィラ・アイル・バリではゲストの99%(おそらく100%に近いでしょう)
が日本人です。

そのため、日本語のみでほぼ不自由なく過ごすことができます。

特にフロントスタッフは日本語が堪能で、全く問題なくコミュニケーションがとれます。
レストランスタッフやスパのスタッフは、英語である場合が多いですが、
とはいってもなんとか理解しようとする姿勢でいて下さるので、
困ることはないでしょう。

少し微妙なニュアンスを理解してもらいたい場合は、
日本人スタッフの方がおられるので呼んでいただくとよいかと思います。

ヴィラアイルバリの両替


ヴィラ・アイル・バリでは、両替も行ってくれます。

しかし、当然といえば当然なのですが、ホテルですのでレートはよくありません。

私たちがよく利用したのは

BMC

大手のチェーンです。
近代的な建物に、警備員の方がおられ、安心感あり。
ヴィラ・アイル・バリの近くにも支店があります。
ちなみにその向かいには、ジェネバ・ハンディ・クラフトセンターという雑貨の卸のお店。
バリのばらまき土産を揃えるのに有名なお店です。
ヴィラ・アイル・バリから車で数分、徒歩でも10-15分程度の距離です。

街中にも両替できる場所はありますが、ごまかされないよう
しっかり確認してください。
レートの良すぎる店舗や薄暗い店舗は最初から避けた方が無難だと思います。

以前は入国の際に米ドルで入国税を支払う必要がありましたが、
今はそれが不要となりました。

両替はバリの空港で少額両替し、
あとはBMCといったような大手チェーンで両替するというのが安心なように思います。

クレジットカードはほぼどこでも使えますが、
クレジットカード手数料を請求されることがあるようなので、
その点は気を付けて下さいね。

まとめ


いかがでしたでしょうか。
ヴィラ・アイル・バリを利用される際の気になる点を
まとめてみました。

何度でもリピートしたくなる素敵なヴィラ、ヴィラ・アイル・バリ。
みなさまにとっても、素敵なご旅行となりますように。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ