バリのお土産20選!おすすめ&お菓子&オーガニック2016年最新版

バリ島でのおすすめお土産20選2016年版!
プライベートプール付きのヴィラに、雰囲気のある雑貨や高度な技術のスパ。

魅力的なバリですが、お土産を買うのもとっても楽しいんです!
今回は、スミニャックエリアのスーパーやコンビニで気軽に買える
おすすめのお土産、お菓子、そしてちょっとこだわりの
オーガニック製品をご案内いたします!

スポンサードリンク


■目次
1 バリのお土産 2016 定番お土産5選!
2 バリのお土産 2016 おすすめのお菓子8選!
3 バリのお土産 2016 オーガニック製品も充実7選!
4 まとめ

バリのお土産2016 定番お土産5選!


まずは鉄板中の鉄板、定番お土産から。

定番お土産その1

アヤムゴレンとナシゴレンのシーズニング。
バリ土産写真1
軽くてかさばらなくて、そして現地の味を気軽に味わえる!
ばらまきお土産に最適です。
6500Rp位でした(1円=約130Rp、2016年8月現在)。
ココスーパーで購入。

定番お土産その2

キンタマーニ農園のコーヒー。
バリ土産写真2
世界第4位の生産量を誇る、インドネシア。
スマトラ島のマンデリン、スラウェシ島のトラジャでしたら
名前を聞いたことのある方もいらっしゃるでしょう。
こちらはバリ島北部のキンタマーニ高原のコーヒー。
良質な豆が育つことで有名だそう。
こちらはココスーパーで29000Rp(約223円、2016年8月現在)。

定番お土産その3

ナチュラル石鹸。
バリ土産写真3
雰囲気のある紙に包まれたナチュラルソープ。
とてもいい香りがします。

アロマといっても結構合成したような押しつけがましい香りのものもある中、
これはとてもいい香りがします。

オベロイ通りのアースマーケットで、ひとつ20000Rp(約154円)。
同じものがジェネヴァハンディクラフトセンターにもありましたが、
価格は似たようなもの(あるいは若干高かったかも)でした。

定番お土産その4

バリの塩。
バリ土産写真4
バリは塩の美味しさでも有名です。
特に有名なのはクサンバ産の天然塩!

クサンバ産の塩は、クサンバで買うか、ウブドのコウ・キュイジーヌで買うしか
ないようなので・・・
今回は、アースマーケットで購入。250gで13000Rp(約100円)。

定番お土産その5

ヴァージンココナツオイル
バリ土産写真5
スミニャックスクエアのココナで購入したヴァージンココナツオイル。
130ml50000Rpほどでした(約385円)。
肌の保湿はもちろん、冷やしてバター代わりとして食用にも使えます。

スミニャックエリアでは、ビンタンスーパーなどもあるのですが、
素敵なお店が立ち並ぶオベロイ通りにあるココスーパーは
立地的にも使いやすくとても便利。
今回は、このココスーパーと、
同じくオベロイ通りにあるアースマーケット、ココナで主に購入しています。

バリのお土産2016 お菓子8選!


お菓子も安くて美味しいものがたくさんあります!

コーヒージョイ。

バリお菓子写真1
これはココスーパーで7500Rp(約58円)。
他の方のブログにも出てくる美味しくて有名なサブレ。
スーパーやコンビニで買えます。
昔は5000Rpだったり6500Rpだったりするのですが、
今や7500Rp!バリの物価はどんどん上がっています。

スペキュロス。


バリお菓子写真2
これ、ベルギーのお菓子ですよね。
バリにもありました。
これだけでなく、オーストラリアのティムタムなども普通に売っています。
同じくココスーパーで7500Rp(約58円)。

コピコ。コーヒーキャンディです。


バリお菓子写真3
まろやかなコーヒーの味。コーヒー好きの方はもちろん、
コーヒーが苦手でもいけそう。
アルファマートというコンビニで、7500Rp(約58円)位だったと思います。

UBMのチョコレートクリームビスケット。


バリお菓子写真4
こちらもアルファマートで。
7500Rp(約58円)位だったと思います。
この手のお菓子はだいたい美味しいですね。

生姜飴


バリお菓子写真5
日本の昆布飴のような、もちもち触感が楽しい生姜飴。
お土産用にブラスチックの入れ物に入ったものもありますが、
量が多く、シンプルなパッケージのこちらがおすすめ。
ココスーパーで19000Rp(約146円)。

モンゴチョコレート


バリお菓子写真6
100%カカオバター、インドネシア産のカカオ豆にこだわって作られた
チョコレート。唐辛子入りなんていうものもありましたが、こちらは生姜味。
インドネシアはカカオの生産地としても有名なんです。
ココスーパーで50000Rp(約384円)ほどでした。

ピーナッツ


バリお菓子写真7
油で揚げてあるのだと思いますが、
さくさくとした触感で食べ出したら止まらないピーナッツ。
ココスーパーで12000Rp(約92円)。

お菓子の番外編、フライドオニオン。


バリのお菓子写真8
サテの脇のご飯や、サラダ、おかゆのトッピングなど
何かと使われているフライドオニオン。
バワン・ゴレンと呼ばれているようです。
普通の玉ねぎとは違い、赤小玉葱を使っているそう。
ココスーパーで 75g22000Rp(約169円)。

バリのお土産2016オーガニック製品も充実7選!


スミニャック オベロイ通りのアースマーケットや
スミニャックスクエアのココナでは、
オーガニックで作られた製品がとても充実しています。
定番お土産以外でもたくさん購入しました!
ここでは、ちょっとマニア向けかもしれないオーガニック商品をご紹介いたしますね。

ナディス・ハーバルのハーブティー


バリオーガニック写真1
レモングラス、生姜、シナモン、カルダモン、スターアニスなどの
ブレンドハーブティー。
ナディス・ハーバルは
ナチュラルコスメで有名な、ウタマスパイスから独立された方のお店。
バリではこういう自然療法的な商品が充実しているなぁと感じます。
しかも値段も安い!日本だったらこの位の量で、
すぐに2000円位してしまいます。
アースマーケットにて 100g入り 113000Rp(約869円)

ビッグツリー社のココナツネクター


バリオーガニック写真2
GI値が低く、体に優しいことでも知られるココナツネクター。
16種のアミノ酸を含み、栄養価も豊富です。
黒蜜のような風味で、コクがあり、メープルシロップのように使えます。
アースマーケットにて 326g73000Rp(約561円)
瓶入りで少し重いですが、持ち帰る価値はあります。

サンズタッチのヨガマットスプレー


バリオーガニック写真3
100%エッセンシャルオイルが使われている
サンズタッチのヨガマットスプレー。
爽やかな香りでヨガマットの嫌な臭いも吹き飛ばしてくれそうです。
アースマーケットにて 60ml 38000Rp(約292円)

ウタマスパイスのヴァージンココナツオイル。


バリオーガニック写真4
アースマーケットにて 100ml44000Rp(約338円)。
肌の保湿に使いやすいボトル入り。
ウタマスパイスの製品は、品質のよいことでも有名ですが、
ショップはサヌールとウブドにしかありません。
アースマーケットでは、このオイルのほかリップクリームやハンドソープなど
いくつか取り扱いがありました。

ダウントゥアースのドライマンゴー


バリオーガニック写真5
ドライマンゴー、美味しいですが、漂白剤などが気になります。
こちらは保存料、化学製品一切無添加のドライマンゴー。
100g 55000Rp(約423円)
日本だともっと少量で同じような価格ですよね。

covenaのオーガニックパームシュガー


バリオーガニック写真6
パームシュガーはバリのスーパーなどでも売られていますが
こちらはココナで販売していたオーガニックのパームシュガー。
180g 26000Rp(約200円)
和三盆を思わせる、さらさらとしたきめ細やかさで、いかにも上質なお砂糖です。
パームシュガーは低GI、高栄養であることでも有名ですね。

ココナのマッサージクリーム


バリオーガニック写真7
ココナでは、ヴァージンココナツオイルの他、ハンド&ボディクリーム、
スクラブ、多数の製品がそろっています。
最初はハンド&ボディクリームを買おうかと立ち寄ったのですが、
ピーチ、フランジパニ、グリーンティー、ラベンダー、ココナツの香りは
どれもなぜかピンとこなくて
今回はこちらのマッサージクリームを購入。
レモングラスのような香りで、心地よく使えそうです。
消費期限が短いためセールをしていて
55000Rp位の商品が27500Rp(約211円)ほどで買えました。

スポンサードリンク


まとめ


バリの最新のお土産情報、いかがでしたか?
今回は食べ物やコスメ中心の商品のご紹介でしたが、
バリは雑貨など見ていても楽しいもので溢れていますね。
訪れる前にぜひチェックして、現地でのお買い物を楽しんでくださいね。
【関連記事】
子連れでバリ旅行!事前準備と機内への持ち物&過ごし方2016年版
http://siruw.com/archives/1241.html

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ