現美新幹線の予約の仕方や子ども料金は?入場券セットやツアー商品

4月29日の金曜日(祝日)から運行開始される
現美新幹線。

今回は「現美新幹線」の予約の仕方や
運転日、子どもを連れての乗車料金、
また見逃せないチケットなども詳しく
ご紹介します。

スポンサードリンク


現美新幹線 予約の仕方


現美新幹線は、上越新幹線(越後湯沢~新潟間)で
11~16号車の6両編成の新しい新幹線です。
各車両に立体アートや写真
アニメーションなどの作品を展示していて
芸術鑑賞を楽しむ事が出来るのでステキですね。

現美新幹線は、11号車から16号車までの6両編成です。
6月までは11号車が指定席としてJR窓口などで一般発売されます。

12号車から16号車までが「びゅう」旅行商品(ツアー)として販売されます。
つまり、6月までは、「びゅう」ツアーでの販売がメインとなるようです。


予約が取れない場合は7月以降
12から16号車は自由席になるようです。

それまで待つか旅行会社の販売予定ツアー商品を利用しましょう。

11号車の座席表を見たところ23席しかありません。
チケットをとるにはすごい競争になりそうですね・・・。

予約は、3月29日から受付が開始です。
ゴールデンウィークに乗ってみたい、という人は早めにチェックしましょう。

現美新幹線 停車駅


停車駅は、越後湯沢、燕三条、長岡、浦佐、新潟の5駅です。
少し区間が短めですが、乗ってみたいですね。

ちなみに、越後湯沢~新潟間の所要時間は約50分です。

土日、祝日を中心に1日3往復し、年間120日間運行予定。
定員は105人の6両編成です。


現美新幹線 時刻表


下り
・「とき 451 号」 越後湯沢( 8:24 発)→ 新 潟( 9:14 着)
・「とき 452 号」 新 潟(11:26 発)→ 越後湯沢(12:20 着)
・「とき 453 号」 越後湯沢(12:44 発)→ 新 潟(13:38 着)
・「とき 454 号」 新 潟(14:02 発)→ 越後湯沢(14:56 着)
・「とき 455 号」 越後湯沢(15:20 発)→ 新 潟(16:14 着)
・「とき 456 号」 新 潟(18:18 発) →越後湯沢(19:08 着)

上り
・とき452号(新潟11:26発)→(越後湯沢12:20着)
・とき454号(新潟14:02発)→(越後湯沢14:50着)
・とき456号(新潟18:18発)→(越後湯沢19:08着)

現美新幹線の運転日


4月 29 日・30日

5月1日~8日・14日・15 日・21 日・22 日・28日・29日

6月4日・5日・11日・12 日・18 日・19日・25日・26日

7月以降はまだ発表されていません。
基本的に土日祝の運行ですね。

ゴールデンウィークは混雑が予想されます。

現美新幹線の乗車料金 子供料金は何歳から?料金はいくら?


越後湯沢-新潟間で、
乗車券2270円+特急料金3110円
です。
指定席・自由席については、追加料金はかからず、
上越新幹線の運賃・特急料金と同じ金額で利用できます。

また、時期によって車両の扱いが変わってきます。

12~16号車は
4~6月の間は旅行商品専用車両です。

7月以降は自由席になります。

予想では6月までは乗車券がなかなか取れないかも・・・
と言われています。

新幹線の子供料金は何歳から?料金はいくら?


JRでは、「大人」と「小児」を以下のように区分しています。

大人・・・12歳以上(中学生以上)=大人運賃
小児・・・6歳から12歳の小学生=半額
幼児・・・1歳から6歳までの未就学児=無料
乳児・・・1歳未満=無料

12歳でも小学生なら半額、6歳でも幼稚園児なら無料です。

新幹線の子供料金の計算方法


現美新幹線も同じなのですが
新幹線を利用する場合、小児の乗車券、
特急券は大人料金の半額です(5円の端数は切り捨て)。

自由席の場合は、自由席特急券が半額になりますし、
指定席の場合でも、指定席特急券が半額になります。

スポンサードリンク


現美新幹線入場券セット


JR東日本新潟支社は16日、「現美新幹線」の
運行開始を記念した入場券セットを、
現美新幹線が止まる駅の
みどりの窓口で発売します。

現美新幹線は29日から土曜、日曜、祝日を中心に
新潟-越後湯沢間を1日3往復します。
停車する新潟、燕三条、長岡、浦佐、越後湯沢の各駅の
入場券各2種類計10枚を
1400円3000セットで限定販売しています。
入場券の有効期間は29日~6月30日までです。

現美新幹線 びゅうツアー商品


びゅう旅行商品は現美新幹線の乗車券・特急券(片道)と
オリジナルグッズがセットになった現地発着コース
(7月以降)の11号車は指定席、
12から16号車は自由席として販売される予定です。


越後湯沢から長岡 大人4200円から4600円
子供3200円から3400円

長岡から越後湯沢 大人4200円から4600円
子供3200円から3400円

越後湯沢 新潟 大人5400円から5900円
子供3700円から4000円

新潟 越後湯沢 大人5400円から5900円
子供3700円から4000円

車内では号車間を自由に行き来できます!
それぞれ1日3便 合計12プランあります

現美新幹線のキッズスペース


13号車にはアーティストの監修による「キッズスペース」
も設置されました。
子供がアートに触れることで芸術に親しんでもらうのが目的です。

またカフェスペースでは、菓子研究家のいがらしろみ氏監修による
「十日町すこやかファクトリー」で製造したスイーツや、
燕市のこだわりの「つばめコーヒー」などが提供されます。

スイーツの一例
・魚沼産米粉のバニラケーキ
・佐渡バターフィナンシェ
・佐渡クリームチーズのレモンケーキ


終わりに


注目のアーティストが現美新幹線のために制作した現代アート、
地元の素材にこだわったスイーツ、
燕三条で人気の「ツバメコーヒー」を提供するカフェ、
現代アートに直接触れることができるキッズルーム、
たくさんの魅力にワクワクしますね。
移動しながら現代アートを鑑賞するという
現美新幹線の演出をぜひ体験してみてくださいね。

スポンサードリンク
サブコンテンツ

このページの先頭へ